ロムニー氏のリスク高まる-ペリー候補撤退、アイオワ州では逆転負け

米大統領選の共和党候補者選び で、ミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事の指名獲得への道が 従来よりも厳しいものになってきた。

テキサス州知事のリック・ペリー候補が19日に候補者争いから 撤退し、ニュート・ギングリッチ元下院議を支持すると表明。3日に 行われたアイオワ州党員集会は、これまで発表されていたロムニー候 補でなく、リック・サントラム元上院議員が1位だったことが分かっ た。

ロムニー候補は21日のサウスカロライナ州予備選挙で勝利し、 早期に指名争いに決着をつけることを望んでいるが、そうした考えに 修正を迫られる恐れが生じてきた。

ペリー氏がギングリッチ候補の支持に回ることで、共和党支持者 内の反ロムニー派層がまとまる可能性がある。サウスカロライナ州の 有権者の多くは、ロムニー候補支持の主な理由に11月の大統領選で オバマ大統領を破ることへの期待を挙げていた。しかしアイオワ州党 員集会の真の勝者はロムニー候補でなかったとの発表を受け、そうし た判断も揺らぎかねない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE