1月19日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ユーロは上昇、2週間ぶり高値-スペイン入札が好調で

ニューヨーク外国為替市場ではユーロが上昇。ドルと円に対して2 週間ぶりの高値をつけた。スペインが証券入札で目標上限を上回る資金 を調達したため、ユーロ圏のソブリン債危機が封じ込められるとの楽観 が強まった。

ドル指数は3日続落。昨年12月の米消費者物価指数が前月から 変わらずとなったため、連邦公開市場委員会(FOMC)が事実上の ゼロ金利政策を維持する余地がさらに生まれたとの見方から、ドル売 りが出た。債務削減を目指してギリシャ政府が民間債権者と2日目の 協議に入り、ユーロは対ドルと対円で上昇した。豪ドルは下落。オー ストラリアの雇用者数が予想外に減少したことが売りを誘った。

為替取引を手掛けるテンパス・コンサルティングの市場担当ディ レクター、ジョン・ドイル氏は「入札結果がユーロをやや押し上げて いる」と指摘。「米経済指標は全般的に明るいが、欧州は引き続き苦 戦しており、リセッション(景気後退)に向かっている可能性が高い。 しかし、ユーロは12月のような大幅な下げから一服しているようだ」 と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで0.8%高の1 ユーロ=1.2968ドル。一時は1.2971ドルと、4日以来の高値を つけた。対円では1.2%高の1ユーロ=99円99銭。一時は4日以 来の高値となる100円06銭まで上げた。ドルは対円で0.4%高の 1ドル=77円11銭。

ドル下落

ドルはほとんどの主要通貨に対して下落した。金利見通しを背景 に高利回り資産を求める動きが活発化している。24-25日に定例会 合を開催するFOMCは、前回の会合で「少なくとも2013年半ばま で超低金利を維持する可能性が高い」とする方針を示している。

労働省が発表した12月の米消費者物価指数(CPI、季節調整 済み)は2カ月連続で前月から変わらず。ブルームバーグ・ニュース がまとめたエコノミストの予想中央値は0.1%上昇だった。食品とエ ネルギーを除いたコア指数は前月比0.1%上昇で、市場予想と一致し た。

先週の米失業保険申請件数は前週比で減少した。12月の住宅着 工件数(季節調整済み、年率換算)は前月比4.1%減の65万7000 戸。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)の ドル指数は0.3%低下の80.222。一時は5日以来の水準となる

80.147まで低下した。

高利回り通貨

失業保険申請件数が予想以上に減少すると、株価が上昇し、高利 回り通貨も上げた。スウェーデン・クローナは対ドルで1.4%高。主 要通貨の中では対ドルでの上げが最大となった。ノルウェー・クロー ネは1%上昇した。

BNPパリバの為替ストラテジスト、メアリー・ニコラ氏(ニ ューヨーク在勤)は高利回り通貨には「強い勢いのようなものがある」 と指摘した。

スペインは2016年と19年、22年にそれぞれ期限を迎える債 券計66億1000万ユーロ相当を発行した。目標上限は45億ユーロ だった。16年償還債の応札倍率は3.24倍と先週の1.71倍を上回 った。22年償還債は2.2倍。昨年11月は1.5倍だった。

フランスは79億7000万ユーロ相当を発行。調達コストは低下 した。

ギリシャ

ギリシャのパパデモス首相が第2次救済パッケージの実施にとっ て重要な債務交換協議での合意を急いでいることもユーロの買い材料。

ベニゼロス財務相は記者団に対し、国際金融協会(IIF)との アテネでの債務交換協議が前進し、20日も継続することを明らかに した。

モルガン・スタンレーの欧州為替戦略責任者、イアン・スタナー ド氏(ロンドン在勤)は「ユーロの反発は非常に脆弱だ。急速に勢い を失い始める可能性は高い」と述べ、「ギリシャの交渉などリスク要 因は多い」と続けた。

◎米国株:3日続伸、好調な決算に反応-失業保険申請数の減少も好感

米株式相場は3日続伸した。バンク・オブ・アメリカ(BOA)は 2011年10-12月(第4四半期)決算が黒字決算となったことを受 けて上昇。先週の米失業保険申請件数がほぼ4年ぶりの低水準に減少し たことも相場を押し上げる材料となった。

資産規模で米銀2位のBOAは前日比2.4%高。世界最大の証券 会社を抱えるモルガン・スタンレーは買いを集めた。第4四半期決算 はアナリスト予想より小幅な赤字にとどまったことが好感された。米 鉄道最大手のユニオン・パシフィックも利益が予想を上回り、同社株 は1980年以来の高値を付けた。米写真用品メーカーの草分けである イーストマン・コダックは19日、連邦破産法の適用を申請。その後の 店頭市場で株価は46%急落した。

S&P500種株価指数は前日比0.5%上げて1314.50。過去3 日間で2%上昇した。ダウ工業株30種平均は45.03ドル(0.4%) 高の12623.98ドル。

ウェルズ・ファーゴ・アドバンテージ・ファンズのチーフ・ポー トフォリオ・ストラテジスト、ブライアン・ヤコブセン氏は電話イン タビューで、「金融株は上昇基調に乗せた可能性があるようだと幾分 か安心感が広がっている」と指摘。「多くの悲観論が既に織り込まれ ている。今後は意外なプラス材料が出てくる公算が大きい」と述べた。

ブルームバーグの集計によれば、S&P500種の構成企業で1月 9日以降に決算を発表した35社のうち、22社の1株当たり利益が 市場予想を上回った。同集計では、S&P500種全体の利益は今年、 過去最高の1株当たり104.64ドルに上ると予想されている。

失業保険申請件数

米経済が欧州債務危機を乗り切るとの楽観的な見方もこの日の相 場を押し上げた。米労働省が19日発表した先週の新規失業保険申請 件数は08年4月以来の低水準に減少した。

景気動向の目安とされるダウ輸送株平均は1.6%上昇した。BO Aは前日比2.4%上昇し、ダウ平均構成銘柄中で最も上げが大きかっ た。ブライアン・モイニハン最高経営責任者(CEO)は資産を圧縮 するとともに費用と人員を削減。予想外の損失に備えて緩衝材の厚み を増すという規制当局の要件を満たすために資本増強を進めている。

モルガン・スタンレーは5.4%高。11年のトレーディング収入 が会計上の利益を除いたベースで、ウォール街の大手5社中で唯一増 加し、ジェームズ・ゴーマン最高経営責任者(CEO)の市場シェア 拡大の目標に貢献している。

12年のS&P500種

ユニオン・パシフィックは2.2%上昇。景気回復に伴う自動車や 化学品の需要増を背景に、第4四半期は貨物輸送量が3%増加した。 燃料と産業製品の輸送も増加。輸送料金の値上げが同社の各部門で売 上高増加に貢献した。

イーストマン・コダックは店頭市場で46%急落した。マンハッタ ンの破産裁判所への申請によると、負債68億ドル(約5220億円) に対して、資産は51億ドル。

クレディ・スイス・グループのグローバル株式ストラテジスト、 アンドルー・ガースウェイト氏(ロンドン在勤)は、S&P500種の 2012年終値予想を1400に引き上げた。欧州中央銀行(ECB)に よる銀行の債務借り換え策が「流れを変える可能性がある」ことを理 由に挙げた。同氏の従来予想は1340への上昇だった。

◎米国債:10年債下落、利回り今年最大の上げ-リスク選好高まる

米国債市場では、10年債利回りが今年に入り最大の上げとなった。 失業保険申請件数が市場予想を下回ったことが背景。またスペインとフ ランスの国債入札が順調だったことから、逃避先としての需要も後退し た。

リスクが高めの資産への需要が増えつつあるものの、この日実施 された10年物インフレ連動債(TIPS)の入札(発行額150億 ドル)では、最高落札利回りが初めてマイナスとなった。2年債と 10年債の利回り格差は175ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)に拡大し、昨年12月12日以降で最大となった。

CRTキャピタル・グループ(コネティカット州スタンフォード) の国債ストラテジスト、イアン・リンジェン氏は「米国債から、より リスクの高い資産へと移る動きが出ている」と指摘。「失業保険申請 件数の大幅な減少は、雇用市場が回復しつつあることを反映している。 雇用は経済の中でこれまで回復が見られない分野の1つだった」と続 けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによると、ニューヨーク時 間午後4時28分現在、10年債利回りは前日比8ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)上昇の1.98%。一時10bp上昇と、昨 年12月20日以来の大幅な上げとなった。同年債(表面利率2%、 2021年11月償還)価格は23/32下げて100 6/32。

2年債利回りは1bp上昇し0.23%。30年債利回りは8bp 上げて3.04%。

米労働省が19日発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調 整済み)は、前週から5万件減少して35万2000件。これは2008 年4月以来の低水準。ギリシャをめぐっては、債務再編合意に向けた 同国政府と民間債権者との協議が2日目を迎え、欧州危機の悪化懸念 が和らいだ。

社債発行

ゴールドマン・サックス・グループは45億ドル相当の社債を発 行した。またシティグループやバンク・オブ・アメリカ(BOA)も 起債を予定している。

ソシエテ・ジェネラルの米国債トレーダー、ショーン・マーフィ ー氏(ニューヨーク在勤)は「社債発行は米国債への圧力を強める。 市場が消化しなければならない供給が増えるだけだからだ」と指摘。 「現在、リスク資産購入への安心感が強まっている」と続けた。

TIPS入札

インフレ連動債は、労働省が算出する消費者物価指数の変化に応 じて元本が調整される債券。この日の10年物TIPS入札では最高 落札利回りがマイナス0.046%となった。

BNPパリバの金利ストラテジスト、アーロン・コーリ氏(ニュ ーヨーク在勤)は「入札では最高落札利回りが過去最低となり、全体 的にしっかりした結果だった」と指摘。「この先インフレが起きるか もしれないとの懸念がある。全般的に見れば、米国のコアインフレは 非常に力強い状態が続いており、TIPS市場にとってはプラスだ」 と続けた。

12月の米消費者物価指数は2カ月連続で前月から変わらずとな った。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミストの予想中央 値は0.1%上昇だった。

10年物TIPS入札では、投資家の需要を測る指標の応札倍率 が2.91倍と、過去10回の平均(2.79倍)を上回った。

◎NY金:5週ぶり高値から下落、米失業保険申請の減少手掛かり

ニューヨーク金先物相場は反落。一時は5週間ぶり高値を付けた ものの下げに転じた。米新規失業保険申請件数の減少を受けて経済見 通しが改善、ヘッジ目的の金の需要が後退した。

米労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整済み) は、前週から5万件減少して35万2000件。2008年4月以来の低 水準となった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予 想の中央値は38万4000件だった。金は今月に入ってから5.6% 値上がりしている。

商品ブローカー、インフィニティ・トレーディング(オレゴン州) のフェイン・シェーファー社長は電話インタビューで「金は失業保険 の数字に反応した。金から資金を引き揚げ、リスクの高い資産に投じ る動きが広がっているのだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 2月限は前日比0.3%安の1オンス=1654.50ドルで終了。一時 は1670.60ドルと、中心限月としては12月13日以来の高値を付 ける場面もあった。

◎欧州株:5カ月ぶり高値に続伸、スペイン・仏入札好調

19日の欧州株式相場は4営業日続伸。ストックス欧州600指 数は5カ月ぶり高値で引けた。スペインやフランスの国債入札が順調 だったほか、米失業保険申請件数が予想以上に減少したことを受けた。

ドイツのコメルツ銀行を中心に金融株が高い。資本増強見通しが 好感された。発電機器メーカー世界3位、フランスのアルストムも大 幅高。2012年1-3月(第4四半期)の受注が「強い」見込みを示 した。一方、売上高で欧州小売り最大手の仏カルフールは値下がり。 昨年通期の利益が同社予想レンジの下限だったことを明らかにし、嫌 気された。

ストックス欧州600指数は前日比1.2%高の256.57で終了。 昨年8月2日以来の高値で引けた。今年に入ってからは4.9%上げ ており、1989年以来最高の滑り出しとなっている。経済指標が世界 景気の回復を楽観させる内容を示したためだ。ギリシャ政府はこの日、 債務減免を目指して民間債権者と2日目の協議に入った。

クロスブリッジ・キャピタルの投資責任者マニシュ・シン氏(ロ ンドン在勤)は「スペインとフランスの入札結果は良好だった」と指 摘。「しかし、ギリシャと民間投資家との債務をめぐる協議で楽観的 な見方が抑制されている。合意が確実でない限り、入札の成功だけで 相場が回復するとは思わない」と付け加えた。

ギリシャ政府は3月20日に145億ユーロ(約1兆4500億円) の国債償還を控えており、パパデモス首相は第2次ギリシャ救済の鍵 となる民間債権者との合意取りまとめを急いでいる。

この日の西欧市場では、アイスランドを除く17カ国で主要株価 指数が上昇。フランス政府は格付け会社スタンダード・アンド・プア ーズ(S&P)が最上級の「AAA」格付けを引き下げてから初の中 長期債入札で、2・3・4年債を合わせて79億7000万ユーロ相 当を発行。調達コストは格下げ前よりも低くなった。

スペインは2016年と19年、22年にそれぞれ期限を迎える債 券計66億1000万ユーロ相当を発行。目標上限は45億ユーロだっ た。落札利回りは16年償還債を除き、前回入札時を下回った。

米労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整済み) は、前週から5万件減少して35万2000件と、2008年4月以来の 低水準だった。ブルームバーグ・ニュースが実施したエコノミスト調 査では中央値で38万4000件が見込まれていた。

コメルツ銀は15%高の1.62ユーロと、昨年10月以来の大幅 高。同行は資本調達やリスク加重資産の削減を通じて6月30日まで に資本を63億ユーロ増強できると発表。欧州銀行監督機構(EBA) の基準で必要と指摘された53億ユーロを上回ると指摘した。ストッ クス欧州600指数を構成する19の業種別指数で、銀行株は上昇率 トップの6.2%。

アルストムは14%高の28.15ユーロと、08年以来の大幅上昇。 カルフールは1.1%安の17.27ユーロで引けた。

◎欧州債:ドイツ10年債が下落-フランスとスペインの入札は好調

19日の欧州債市場ではドイツ10年債が下落した。世界株高に 加え、フランスとスペインの国債入札で借り入れコストが低下し、こ れらがドイツ国債の売り材料となった。

フランス10年債は下げ幅を縮小。格付け会社スタンダード・ア ンド・プアーズ(S&P)が最上級の「AAA」格付けを引き下げて から初の中・長期債の入札で、フランス政府は79億7000万ユー ロ相当を発行。目標上限にほぼ一致した。

スペイン国債は下落。同国の入札では66億1000万ユーロ相 当の発行となり、目標上限の45億ユーロを上回った。債務削減に向 け民間債権者との協議を前日再開したギリシャの国債は、方向感のな い取引に終始した。

エボリューション・セキュリティーズのアナリスト、ブライア ン・バリー氏は「全体のムードはかなり明るい」と述べ、「国債入札 は順調で、落札利回りは低下している。フランスの入札は、格下げが 同国の借り入れコストに影響を及ぼしていないことを示した」と付け 加えた。

ロンドン時間午後3時19分現在、ドイツ10年債利回りは前日 比5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.83%。 同国債(表面利率2%、2022年1月償還)価格は0.425下げ

101.515。2年債利回りは0.20%で、前日からほぼ変わらず。

フランスの2年債利回りは7bp上昇し0.79%。スペイン10 年債利回りは4bp上げ5.17bp。ドイツ10年債に対する利回り 上乗せ幅(スプレッド)は333bpとなった。

格付け会社フィッチ・レーティングスのマネジングディレクター、 エドワード・パーカー氏はこの日、スペインが2012年と13年の 財政赤字の削減目標を達成できるかどうかは疑わしいとの見方を示し た。11年の赤字が政府目標よりも大きかったことを指摘した。

ギリシャ2年債利回りは前日比35bp上昇の147.27%、価格 は22.25。同国のベニゼロス財務相は、第2次ギリシャ支援策をめ ぐる協議について、欧州委員会と欧州中央銀行(ECB)、国際通貨 基金(IMF)の代表団との交渉が20日にアテネで「最終段階」に 入ると語った。

◎英国債:下落、逃避需要が後退-スペイン・仏入札で利回り低下

19日の英国債相場は下落。10年債利回りは過去最低から上昇 した。スペインとフランスの国債入札で借り入れコストが低下したこ とを受け、比較的安全とされる英国債の需要が後退した。

10年債利回りは昨年11月以来で最大の上げとなった。英政府 はこの日、5年債を40億ポンド入札した。前日に2009年1月以 来の最小付近にあった2年債と10年債の利回り格差(スプレッド) は、この日は拡大した。

ロイズ・バンク・コーポレート・マーケッツ(ロンドン)の金利 ストラテジスト、バトサラ・ダッタ氏は、「センチメントが改善して いるとの見方が、英国債などトリプルAの格付け債の利回りを押し上 げている。市場では新たな供給への備えも進んでいる」と述べた上で、 「だが、全般的には最上級格付けの国債の需要は依然として強く、英 国債の低利回りの環境は続くだろう」と付け加えた。

ロンドン時間午後4時54分現在、10年債利回りは前日比9ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し2.05%と、昨年 11月25日以来で最大の上げとなった。18日には過去最低となる

1.917%まで下げていた。同国債(表面利率3.75%、2021年9 月償還)価格はこの日、0.805下げて114.805。

一方、2年債利回りは前日比5bp低下の0.38%。ブルームバ ーグがまとめたデータによると、2年債と10年債のスプレッドは 168bp。前日には154bpまで縮小し、2009年1月以来の最小 となった。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 森 茂生 Shigeki Mori +1-212-617-6107 smori1@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba ニューヨーク 西前 明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net Editor: Shigeki Mori 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE