米国株:3日続伸、好調な決算に反応-失業保険申請減も好感

米株式相場は3日続伸した。バ ンク・オブ・アメリカ(BOA)は2011年10-12月(第4四半期) 決算が黒字決算となったことを受けて上昇。先週の米失業保険申請件 数がほぼ4年ぶりの低水準に減少したことも相場を押し上げる材料と なった。

資産規模で米銀2位のBOAは前日比2.4%高。世界最大の証券 会社を抱えるモルガン・スタンレーは買いを集めた。第4四半期決算 はアナリスト予想より小幅な赤字にとどまったことが好感された。米 鉄道最大手のユニオン・パシフィックも利益が予想を上回り、同社株 は1980年以来の高値を付けた。米写真用品メーカーの草分けである イーストマン・コダックは19日、連邦破産法の適用を申請。その後の 店頭市場で株価は46%急落した。

S&P500種株価指数は前日比0.5%上げて1314.50。過去3 日間で2%上昇した。ダウ工業株30種平均は45.03ドル(0.4%) 高の12623.98ドル。

ウェルズ・ファーゴ・アドバンテージ・ファンズのチーフ・ポー トフォリオ・ストラテジスト、ブライアン・ヤコブセン氏は電話イン タビューで、「金融株は上昇基調に乗せた可能性があるようだと幾分 か安心感が広がっている」と指摘。「多くの悲観論が既に織り込まれ ている。今後は意外なプラス材料が出てくる公算が大きい」と述べた。

ブルームバーグの集計によれば、S&P500種の構成企業で1月 9日以降に決算を発表した35社のうち、22社の1株当たり利益が 市場予想を上回った。同集計では、S&P500種全体の利益は今年、 過去最高の1株当たり104.64ドルに上ると予想されている。

失業保険申請件数

米経済が欧州債務危機を乗り切るとの楽観的な見方もこの日の相 場を押し上げた。米労働省が19日発表した先週の新規失業保険申請 件数は08年4月以来の低水準に減少した。

景気動向の目安とされるダウ輸送株平均は1.6%上昇した。BO Aは前日比2.4%上昇し、ダウ平均構成銘柄中で最も上げが大きかっ た。ブライアン・モイニハン最高経営責任者(CEO)は資産を圧縮 するとともに費用と人員を削減。予想外の損失に備えて緩衝材の厚み を増すという規制当局の要件を満たすために資本増強を進めている。

モルガン・スタンレーは5.4%高。11年のトレーディング収入 が会計上の利益を除いたベースで、ウォール街の大手5社中で唯一増 加し、ジェームズ・ゴーマン最高経営責任者(CEO)の市場シェア 拡大の目標に貢献している。

12年のS&P500種

ユニオン・パシフィックは2.2%上昇。景気回復に伴う自動車や 化学品の需要増を背景に、第4四半期は貨物輸送量が3%増加した。 燃料と産業製品の輸送も増加。輸送料金の値上げが同社の各部門で売 上高増加に貢献した。

イーストマン・コダックは店頭市場で46%急落した。マンハッタ ンの破産裁判所への申請によると、負債68億ドル(約5220億円)に 対して、資産は51億ドル。

クレディ・スイス・グループのグローバル株式ストラテジスト、 アンドルー・ガースウェイト氏(ロンドン在勤)は、S&P500種の 2012年終値予想を1400に引き上げた。欧州中央銀行(ECB)に よる銀行の債務借り換え策が「流れを変える可能性がある」ことを理 由に挙げた。同氏の従来予想は1340への上昇だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE