NY銅:4.8セント高の3.8005ドル-中国の銀行の資本規制緩和観測で

19日のニューヨーク銅先物相場は17 週間ぶりの高値に上昇。中国が経済成長鈍化に伴い資本規制を緩和する 可能性があり、同国での銅需要が押し上げられる公算があるとの観測か ら値を上げた。

事情に詳しい関係者4人が明らかにしたところによると、中国銀行 業監督管理委員会(銀監会)は銀行の自己資本規制を緩和することを検 討している。

RBCキャピタル・マーケッツは同日の報告書で、自己資本規制が 緩和されれば「中国の経済見通し引き上げの鍵となり、需要予想の増加 から非鉄金属相場を押し上げるだろう」との見方を示した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 3月限終値は前日比1.3%高の1ポンド=3.8005ドル。一時は3.8215ド ルと、中心限月として昨年9月20日以来の高値を付けた。

米経済指標も金属相場の支援材料。米フィラデルフィア連銀が発表 した1月の同地区製造業景況指数は上昇し、先週の米新規失業保険申請 件数(季節調整済み)は約4年ぶりの低水準となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE