インド株(終了):6週ぶり高値、IMF融資能力増強に期待-金属高い

インド株式相場は上昇。指標の センセックス30種指数は6週間ぶり高値を付けた。国際通貨基金 (IMF)が欧州債務危機対策として融資能力を増強する計画を明ら かにしたことが材料視された。

銅と亜鉛生産でインド最大のスターライト・インダストリーズと、 同国最大の民間電力会社タタ・パワー、アルミメーカーのヒンダル コ・インダストリーズが大幅高となった。国内最大の銀行、インドス テイト銀行を中心に銀行株も上昇した。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前日比192.27ポ イント(1.2%)高の16643.74と、先月7日以来の高値で終了し た。月初来上昇率は7.7%と、このまま行けば1月としては2001 年以降で最大の上げを記録することとなる。

IMFは18日、欧州債務危機の悪化から世界経済を守るため、 最大5000億ドルの融資能力増強を目指していることを明らかにし た。インドにとって、欧州連合(EU)は最大の貿易相手。

スターライト(STLT IN)は6.6%上げ115.10ルピー、ヒ ンダルコ(HNDL IN)は4.3%高の145.80ルピー。タタ・パワ ー(TPWR IN)は6.2%高の103.90ルピーで引けた。ステイト 銀(SBIN IN)は1%上昇し1884.30ルピー。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE