英RBS:元トレーダーがLIBOR操作図ったと主張-解雇訴訟

英銀ロイヤル・バンク・オブ・ス コットランド・グループ(RBS)による不当解雇を主張して元トレ ーダーのタン・チミン氏がRBSを相手取りシンガポールで起こした 訴訟で、RBSは同氏がロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の操 作を図ったため解雇は正当だったと主張した。

タン氏は150万ドル(約1億1500万円)のボーナスの支払いとR BS株330万株の付与を求めている。RBSはシンガポールの高等法 院に18日遅く提出した文書で、タン氏に「重大な不正」があったため 解雇は正当と論じた。2007-11年にRBSが英国銀行協会(BBA) に報告する銀行間金利を自身の利益につながる水準にさせるよう、担 当者に働き掛けたという。

LIOBORが07年から操作されていた疑いについては、米商品 先物取引委員会(CFTC)と米司法省、欧州連合(EU)の欧州委 員会が調査中。RBSは調査に協力している。タン氏の弁護士は19 日、コメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE