ロンドンの弁護士の年収:昨年10%増加-供給不足で人材争奪戦激化

ロンドンの弁護士の年収が昨年、 10%増加し14万6500ポンド(約1740万円)となったことが、人材 仲介会社ローレンス・サイモンズの調査で明らかになった。供給が制限 されているため、人材争奪戦が激しくなっていることが背景にある。

ローレンス・サイモンズの文書によると、ロンドンの弁護士の基本 給の平均は4%増の11万1000ポンドとなり、賞与も3万5500ポン ドに増えた。昨年の会計士の基本給の伸びは2.1%、英国の専門職全体 では1.2%となっている。

ローレンス・サイモンズのマネジングディレクター、ルシンダ・モ ール氏は弁護士の給与と賞与について「市場への人材供給が制限されて いるため押し上げられている」と指摘。「2010年が厳しい状況だった ので、雇用主は増員より主に給与の引き上げに重点を置いた」との見方 を示す。

ロンドンの少なくとも3つの大手法律事務所は賃金を据え置くか最 大11%削減した後、昨年は弁護士の給与を引き上げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE