中国首相:イランの核兵器開発を「断固拒否」-「過激な」行動に反対

中国の温家宝首相は、イランの 核兵器開発を「断固拒否する」と表明した上で、同国の核問題を話し 合ういわゆる「5プラス1」協議を支援する考えを明らかにした。

温首相は18日、カタールのドーハでの記者会見で、中国は国連 の対イラン制裁決議を履行しており、世界の利益を損ないかねないホ ルムズ海峡でのいかなる「過激な」行動にも反対すると語った。なお、 中国とイランの石油貿易は「平常通り」であり、イランに心配をかけ ていないとも述べた。

イラン産原油の主要輸出先のうちの一つである中国は先週、米国 が進める対イラン制裁措置に同調する姿勢を示さなかった。

5プラス1協議は、国連安保理常任理事国5カ国とドイツで構成 されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE