ハッカー集団アノニマス、ソニー攻撃を計画-著作権法案支持が理由か

昨年ハッカーの攻撃を受けたソニ ーが新たな攻撃の脅威にさらされている。米映画・音楽業界が支持し、 米議会で審議中の著作権保護法案をソニーが支持していることが理由 とみられる。

豪州のセキュリティー情報サイト、SCマガジン・ドット・コム によると、ハッカー集団「アノニマス」は23日にソニーの主要サイト への攻撃を計画している。著作権が保護されている音楽やビデオのダ ウンロードをサイトの閲覧者に自由に行わせることを狙っているよう だ。

アノニマスはまた、ソニーの幹部の住所や他の個人情報を流す可 能性もちらつかせているという。

アノニマスの非公式な広報担当者を務めるバレット・ブラウン氏 に電子メールでメッセージを残したが、今のところ返答はない。ソニ ーの広報担当サンドラ・ジェネリアス氏は、同社としてはコメントを 控えると述べた。

アノニマスのメンバーを名乗るグループは昨年12月、著作権保護 法案を支持するソニーを標的とする計画だと同社に警告するビデオメ ッセージをグーグルの動画サイト「ユーチューブ」に投稿していた。 法案は米国の司法権が及ばないサイトによる著作権侵害に対応する狙 いがある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE