香港:銀行融資の伸び、11年は20.2%に鈍化-前年は20年ぶり高水準

香港では2011年、銀行融資の伸び が前年を下回った。10年は20年ぶりの高い伸びだった。

香港金融管理局(HKMA、中央銀行に相当)が18日に発表した ところによると、香港では昨年の銀行融資の伸びが20.2%となった。 10年の伸びは28.6%で、1990年以来の高水準だった。

HKMAの阮国恒(アーサー・ユン)副総裁は記者団に対し、「11 年の早い時期には信用の伸びが極めて高水準だった」と述べた上で、 「8-9月以降は鈍化傾向が顕著になった」と説明した。

本土での融資規制を受けて、中国企業の香港での融資需要が拡大。 しかし8月以降は、欧州債務危機の深刻化による世界経済への影響が 懸念されるのに伴い、伸びが鈍化した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE