米ゴールドマン、エネルギーファンドで約35億ドル確保目指す-関係者

【記者:Sabrina Willmer】

1月18日(ブルームバーグ):米ゴールドマン・サックス・グルー プは、エネルギー分野だけに投資するプライベートエクイティ(PE、 未公開株)ファンドのために20-35億ドル(約1500億-2700億円) を集めることを目指している。この種のファンドは同社にとって初め て。投資家2人が明らかにした。

投資家らが非公開の情報であることを理由に匿名で語ったところ では、ファンド「ブロード・ストリート・エナジー・パートナーズ」 は石油や天然ガス、電力といった分野でグローバル投資を行う。

エネルギーや商品に対する需要拡大の機会を生かそうと資金確保 に動く投資会社が増えている。バークレイズ・キャピタル傘下のバー クレイズ・ナチュラル・リソース・インベストメンツは同社としては 初めて、エネルギー分野専門にグローバル投資を行うPEファンドの 資金集めを行っている。PE投資会社ブラックストーン・グループや アポロ・グローバル・マネジメントも初のエネルギー投資ファンドを 手掛けようとしている。

ゴールドマンの広報担当アンドレア・ラファエル氏はコメントを 控えている。投資家らによると、同社の新たなファンドは、天然資源 担当責任者でマーチャントバンキング部門のマネジングディレクター のケネス・ポンタレリ氏が主導している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE