NY原油先物時間外:上昇-API在庫縮小とガソリン消費増で

ニューヨーク原油先物相場は19 日の時間外取引で上昇。米原油在庫の縮小とガソリン消費増を好感 した。

原油先物相場は一時、1%上昇した。米石油協会(API)が 発表した13日終了週の原油在庫は過去6週間で最大の減少を記録 した。ブルームバーグ・ニュースのアナリスト調査によると、米エ ネルギー省が19日発表する原油在庫は、4週連続の増加が予想され ている。先週のガソリン消費は4.1%増加。昨年12月の米鉱工業生 産指数は上昇した。

CMCマーケッツ(シドニー)のチーフアナリスト、リック・ スプーナー氏は「市場が全体として徐々にリスクを取る状況になり つつある。供給面では、APIの在庫統計が若干の好材料になった」 と述べた。

原油先物2月限は一時、1.03ドル高の1バレル当たり101.62 ドルを付けた。シドニー時間午後2時20分(日本時間同0時20分) 現在、101.56ドルで推移している。前日の通常取引は12セント安 の100.59ドルで引けた。終値としては13日以来の安値。今年に入 ってからは2.7%上昇。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE