ダルビッシュ:松坂上回る金額で米レンジャーズと契約-離婚も

プロ野球北海道日本ハムファイタ ーズのダルビッシュ有投手(25)は、米大リーグ(MLB)のテキサ ス・レンジャーズと6年間の契約で合意した。MLBのサイトによ ると契約金は6000万ドル(約46億円)と、松坂大輔投手が2006年に ボストン・レッドソックスと合意した契約金5200万ドルを上回った。 同投手は19日に、タレントの紗栄子さんとの離婚を公表した。

レンジャーズのワシントン監督はダルビッシュ投手について「洗練 された若者で、ストライクゾーンに強気に投げて勝負できるし、変化 球も自由に操ることができる」と評価した。ファイターズによると、 同投手は近く渡米して現地で記者会見、帰国後に北海道で会見する。

ダルビッシュ投手は自身のオフィシャルブログで昨年12月上旬にポ スティングシステム(入札制度)でのMLB挑戦を表明、レンジャーズ が5170万ドルで独占交渉権を獲得した。この交渉期限は日本時間19日 午前7時までだった。ダルビッシュ獲得にレンジャーズは計1億1170 万ドル(約85億8000万円)を投じる。

西武ライオンズにいた松坂投手がレッドソックスと入団に6年間契 約で合意した際は、同球団が独占交渉権獲得を含めて総額1億310万 ドルを松坂獲得に支払った。今回レンジャーズはドル換算で松坂を上 回る金額をダルビッシュに投資する。

ファイターズ親会社の日本ハムは19日、ダルビッシュの移籍確定で 移籍金5170万ドル(約40億円)を受け取ることになったと発表した。 今期(2012年3月期)業績の税前利益に40億円の増加効果があり、こ れを踏まえた業績予想について1月31日に開示するとしている。

また、ダルビッシュ投手は19日夜、自身のブログで「長い時間を かけて話し合い」を続けた結果、離婚に至ったと説明した。契約先の 事務所エイベックス・マネジメントの発表によると互いに慰謝料の支 払いはなく、子どもの養育費については裁判所に判断を求めた上で、 「適正な条件」で合意した。

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ: 東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno +813-3201-8841 e.ueno@bloomberg.net ニューヨーク Erik Matuszewski +1212-617-8797 matuszewski@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ: 大久保 義人 Yoshito Okubo +813-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Chian-Wei Teo +813-3201-3623 cwteo@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE