独連銀総裁:ECBは「禁じ手」の利用求める圧力に抵抗を

欧州中央銀行(ECB)の政策 委員会メンバー、ドイツ連邦銀行(中銀)のバイトマン総裁は、欧州 債務危機への対応として国債購入の拡大を求める圧力に政策当局は抵 抗すべきだとの認識を示した。

総裁は18日、ルートビヒスブルクで講演、「ECBは無制限に国 債を購入し、利回りを抑制するというバズーカ砲もしくは禁じ手に頼 るべきだとする声も一部にある」と指摘。その上で、「そうすべきでは ない法律、経済、政治面での理由が数多くある」とし、そうしたアプ ローチは欧州連合(EU)法に違反し、財政改革の実行に向けた政府 の意欲を削ぎ、域内に再び損失を広げることになると説明した。

バイトマン総裁はまた、ECBを米連邦準備制度と比較するのは 間違いだと指摘。「米連邦準備制度は一国の中銀であり、通貨同盟の中 銀ではない。通貨同盟では、紙幣を刷ることによる政府の資金調達は 禁じられている」と述べた。さらに、米金融当局が実施する量的緩 和は、資本市場の原理に基づいた金融システムにおける長期金利の低 下が目的であり、個別の国の借り換えコスト低下を狙ったものではな いと続けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE