日米協議:イランへ圧力かけることで合意-米国務省核不拡散特別顧問

来日中の米国のアインホーン核不拡 散・軍縮担当特別顧問は18日夕、イランの核開発問題などをめぐる日本 政府との協議後、記者団に対し、日米両国はイランに対し圧力をかける ことで合意したと述べた。また、対イラン制裁について、国際石油市場 の安定を維持することと同国への圧力は両立が可能だとの見解を示し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE