米国、政府職員向け年金ファンドへの投資を停止-債務上限突破回避で

米政府は連邦債務の法定上限突破 を回避するため、連邦政府職員向け確定拠出型年金の運用ファンドへ の投資を一時停止した。現在の債務上限は15兆1940億ドル(約1167 兆円)。

ガイトナー財務長官は17日の書簡で、民主党のリード上院院内総 務にこの措置を伝えた。その中で同長官は年金運用ファンドの一つで あるいわゆる「Gファンド」について、「債務上限が引き上げられれば 直ちに元通りになる」と説明した。

議員らは今週、債務上限に関する決議について審議する。ただ、 オバマ政権と共和党議員との数カ月にわたった交渉の末に昨年8月に 成立した財政管理法により、大統領は上下両院を通過した同決議に拒 否権を発動できることから、決議は形式的な意味しか持たない。従っ て債務上限は今月27日に引き上げられる見通しだ。

それでも下院共和党は、オバマ大統領が12日に議会に要請した債 務上限の1兆2000億ドル引き上げを拒否する決議を18日に採択する 計画だ。

財政管理法成立後、債務上限は既に2回、合わせて9000億ドル引 き上げられた。今回の引き上げ要請は、上限を16兆3940億ドルとす るもの。財務省はこの結果、今年の遅い時期まで政府資金を賄えると 見積もっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE