スペイン首相:政府は17自治州を救済する用意ある-財政緊縮に努力

スペインのラホイ首相は17日、中 央政府は財政難に陥っている国内17自治州を「救済する」用意がある と述べた。また、財政緊縮に努力し、ユーロ圏4位の同国経済の抜本 的改革を進める方針を示した。

ラホイ首相は欧州連合(EU)のファンロンパイ大統領とマドリ ードで会見し、「われわれは今年の財政赤字目標の達成と支出・債務の 上限設定を自治州に求めるつもりだ。流動性の問題に直面する自治州 があれば、救済する用意がある」と発言した。

同首相はまた、たとえ財政緊縮策が成長を抑制するとしても、継 続することが「絶対に必要だ」と語った。

スペインは昨年、主に自治州のために財政赤字目標を達成できな かった。国内法で中央政府が自治州を直接救済することが禁じられて いるため、中央政府はこの法律に抵触せずに救済する方法を探ってい る。

首相は記者団に対し、昨年の財政赤字は国内総生産(GDP)比 約8%に達するとみられるが、このうち約5%が中央政府、約2.4% が自治州によるものだと説明した。目標は中央政府が4.8%、自治州 が1.3%だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE