欧州委がハンガリーに警告-中銀・司法への政治介入続けば法的措置も

欧州連合(EU)の行政執行機 関、欧州委員会は17日、ハンガリー政府が中央銀行の独立性を脅か しているとし、同国への法的措置も辞さない構えを示した。中銀の問 題は同国が金融支援を得るための協議中断の原因となっており、オル バン首相に解決への圧力をかけた。

欧州委はまた、オルバン政権が司法とデータ保護当局に政治介入 しているとして、これへの訴訟手続きも開始した。中銀の独立性を含 めた3つの問題それぞれに警告する書簡を送付し、裁判沙汰にならぬ ようハンガリーの法律をEU基準に合わせるよう同国に命じた。

バローゾ委員長は同日、フランスのストラスブールで記者団に対 し、「欧州委の決定は、EU法の文言と精神の両方が完全に尊重され るよう目指すわれわれの決意を反映している」と説明。ハンガリーを めぐって「民主主義や民主的な価値が尊重されていないとの疑念がこ れ以上残ってはならない」と論じた。

この日はまた、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁と同中銀の 理事3人がフランクフルトで、ハンガリー当局者と同国の経済状況や 中銀法の変更について話し合った。ECB報道官が明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE