信用買い残は4週連続減少、294億円減の1兆3206億円-13日時点

東京証券取引所が17日に発表した 前週末13日時点の信用買い残(制度信用と一般信用の合計)は東京、 大阪、名古屋3市場の1・2部合計で、前の週に比べ294億円減の1 兆3206億円となった。2010年12月10日時点以来、1年1カ月ぶり の低水準で、減少は4週連続。一方、信用売り残は257億円増の5503 億円と2週連続で増加した。

1月2週(10-13日)の日本株は、日経平均が週間で1.3%高と 反発し、週末値としては昨年12月9日以来、約1カ月ぶりに8500円 を回復。ただ、欧州債務問題の不透明感から一段高への期待が醸成さ れるまでには至らず、戻り待ちの売り圧力の根強さをうかがわせた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE