政府と日銀一体のデフレ脱却努力の必要性で一致-首相・総裁会談

藤村修官房長官は17日午後の会見 で、同日昼の野田佳彦首相と日本銀行の白川方明総裁との会談では、欧 州を中心とする最近の金融情勢について意見交換し、日本経済の下ぶれ リスクを回避し、政府と日銀が一体となってデフレ脱却に向けた努力が 必要との認識で一致したことを明らかにした。また、双方の日程が可能 ならば首相と総裁は頻度を上げて意見交換することになったという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE