モルガンS:今年の金相場は上昇へ、銅は供給不足で「選好される」

モルガン・スタンレーは、金相場 が今年上昇し、非鉄金属では銅が最も選好される可能性があるとの見方 を示した。投資需要が金の価格を押し上げる一方、銅については供給不 足が好材料になるとみている。

メルボルン在勤のアナリスト、ピーター・リチャードソン氏とジョ エル・クレーン氏は17日のリポートで、金相場の平均が1オンス当た り1845ドルになるとの見通しを示した。これは従来予想を16%下回 るものの、ロンドン時間午前5時28分(日本時間午後2時28分)現 在の現物価格1657.98ドルを上回る。

銅相場の平均については1ポンド当たり3.70ドル(1トン当たり 8157ドル)と、従来予想を3%下回るとみている。鉛やニッケル、 アルミニウム、亜鉛については供給過剰を理由に弱気な見方をしてい る。

ゴールドマン・サックス・グループは、銅と金に加えアルミや亜鉛 についても強気な見方をしている。モルガン・スタンレーは世界の鉱工 業生産の今年の伸び率について、4.78%と昨年の5.3%から鈍化する と予想。債務危機に伴いドイツやフランス、イタリアの製造業の縮小が 見込まれるためとしている。

アナリストらは「商品市場は今年、引き続き、欧州のリセッション (景気後退)と中国のハードランディングという2つのマクロリスクに 直面する」と指摘。「ドル相場の上昇が続けば、さらなる逆風となる可 能性がある」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE