中国株(終了):上海総合指数、09年以来の大幅高-緩和期待などで

中国株式相場は上昇。上海総 合指数は2009年10月以来の大幅高となった。中国の成長鈍化を 受けて金融緩和への期待が高まったほか、政府が株式相場を下支 えするとの観測が広がった。

銅生産で中国最大手の江西銅業(600362 CH)とアルミニウム 生産最大手のチャルコ(中国アルミ、601600 CH)はいずれも10% の値幅制限いっぱい上昇。国内石油最大手のペトロチャイナ(中 国石油、601857 CH)や石炭最大手の中国神華能源(601088 CH) も高い。

中国最大の証券会社、中信証券(CITIC証券、600030 CH) は6.9%高。中国の地方年金基金が今四半期に国内株式市場への投 資を開始する可能性があるとの中国証券報の報道が好感された。

上海坤陽投資管理の戴明ファンドマネジャーは、「政府が預金 準備率引き下げなどの金融政策緩和に乗り出すとの観測がある」 と指摘。「株式相場下支えのためのより直接的な措置が発表される との期待も高い」と付け加えた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連 動している上海総合指数は、前日比92.18ポイント(4.2%)高の

2298.38で終了。上海、深圳両証取のA株に連動しているCSI300 指数は同4.9%高の2460.60。

--Zhang Shidong. Editors: Richard Frost, Chan Tien Hin

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-3040 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE