カーニバルの客船事故、保険損失は最大8億ドルの可能性-ヌーミス

米カーニバルのクルーズ客船「コ スタ・コンコルディア」の座礁・転覆事故に伴う保険会社の損失額は 最大8億ドル(約615億円)に達する可能性があると、ヌーミス・セ キュリティーズのアナリストが指摘した。

ヌーミスのロンドン在勤保険アナリスト、ニック・ジョンソン氏 は16日付のリポートで、保険損失が総額6億-8億ドルに上る公算が 大きいとの見通しを示した。保険契約に詳しい関係者1人が15日に語 ったところでは、コスタ・コンコルディアの船舶保険で約4億500万 ユーロ(約394億5000万円)がカバーされるという。

支払いを迫られている保険会社はゼネラリ保険とRSAインシュ アランス・グループ、XLグループなど。保険契約に詳しい関係者3 人が15日明らかにした。世界4位の再保険会社ハノーバーは、今回の 事故により1000万ユーロを超える「大幅な損失」が発生すると予想し ている。イタリア西岸沖で13日発生したコンコルディア(乗員・乗客 約4200人)の座礁事故で、少なくとも乗客6人が死亡した。

エスピリト・サント投資銀行のロンドン在勤アナリスト、ジョイ・ ファーニホウ氏は16日付の顧客向けリポートで、今回の事故に伴う保 険会社のコストは1989年にアラスカ沖で発生した米エクソンのタン カー、バルデス号座礁事故で支払われた5億ドルを上回り、海上保険 史上最大の損失となる公算が大きいと指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE