客船座礁のカーニバル、株価が11年ぶり大幅安-最大73億円の費用想定

16日のロンドン株式市場でクルー ズ船運営会社、カーニバルの株価が約11年ぶり大幅安となった。所有 する客船「コスタ・コンコルディア」がイタリア沖で座礁事故を起こし たことに伴い、最大9500万ドル(約73億円)の費用が発生する可能 性があることを同社が明らかにした。

カーニバル株はこの日、前週末比16%安の1878ペンスと、2000 年以来の大幅な値下がり率で取引を終えた。

同事故ではこれまでに少なくとも6人の死者が出ている。カーニバ ルは同日発表の資料で、事故により2012年11月通期の利益が1株当 たり11-12セント減少するとしたほか、現時点で算定できない追加費 用も見込んでいることを明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE