超大型タンカー用船料:2カ月で最大の上昇-ホルムズ海峡閉鎖警告で

中東-アジア間の超大型原油タン カー(VLCC)の用船レートが過去2カ月で最大の上昇率を示した。 ホルムズ海峡閉鎖の可能性をめぐって緊張が続いていることが要因。

バルチック取引所(ロンドン)によると、指標となるサウジアラビ ア-日本間のVLCCの用船レートは16日、6%上げワールドスケー ルで56.10ポイントとなり、昨年11月10日以降で最大の上昇率を示 した。23日に始まる中国の春節(旧正月)の連休を控えアジアの石油 精製会社の需要が増加したことも上昇の一因となった。

イランの核開発プログラムをめぐり欧州連合(EU)がイラン産原 油の禁輸措置を検討していることに対し、イランのラヒミ第1副大統領 は昨年12月27日、ホルムズ海峡を閉鎖すると警告した。米エネルギ ー省によると、ホルムズ海峡は原油輸送の最も主要な通過点で、世界の 通航量の約20%を占めている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE