三井住友、英RBSの航空機リース部門買収で合意-約5600億円

三井住友フィナンシャルグルー プは、英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(R BS)の航空機リース部門を約73億ドル(約5600億円)で買収す ることで合意した。

RBSの財務担当役員、ブルース・バンソーン氏は電子メール で送付した発表資料で、「このような変動の激しい市場でこの規模の 合意に達したことは、当行の非中核部門にとって大きな成果だ」と 指摘。今回の売却は「非中核ポートフォリオを減らし、グループを 強い位置に戻すことに向けた進展を示すものだ」と述べた。

三井住友はRBSの航空機リース部門買収で中国国家開発銀行、 米ウェルズ・ファーゴと競っていた。交渉に詳しい関係者1人が今 月12日に語ったところによれば、中国国家開発銀が買収で政府承認 を迅速に得るのは難しいとの懸念が高まったことから、三井住友が 売却先の最有力候補となっていた。別の関係者が16日に明らかにし たところによると、RBSは同部門を60億-80億ドルで売却する ことを目指していたという。

今回の資産売却は、RBSが455億ポンド(約5兆4000億円) の公的支援を受けて以降で最大規模。スティーブン・ヘスター最高 経営責任者(CEO)は就任以来、1600億ポンド強の資産の売却な いし段階的縮小を進めてきた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE