S&Pに「重大な誤認」、格下げ時期も「非常に奇妙」-欧州委報道官

欧州連合(EU)の行政執行 機関、欧州委員会は16日、格付け会社スタンダード・アンド・プア ーズ(S&P)が大半のユーロ導入国の信用格付けを引き下げるに至 った分析には、欧州が過度の財政引き締めに走り成長を無視している という「重大な誤認」があるとの見解を示した。

欧州委のベイリー報道官はブリュッセルで記者団に、欧州は「賢 明な財政再建と成長・雇用促進に向けた構造改革に基づいた2面の戦 略を取っている」と説明した。格下げの時期は「非常に奇妙だった」 と付け加えた。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net

Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: 記事に関するエディターへの問い合わせ先: James G. Neuger at +32-2-285-4301 or jneuger@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE