香港のノーブル:新たなCEOを起用へ-創業者のエルマン会長

香港を本拠とする商品取引会 社ノーブル・グループの創業者で会長のリチャード・エルマン氏は、 近く新たな最高経営責任者(CEO)を起用することを明らかにした。

エルマン氏(71)はブルームバーグテレビジョンの番組「アジ ア・エッジ」でインタビューに応じ、「適切な後継の経営陣を置く。 そのことは自ら誓うし、全ての株主に対して約束する」と語った。

エルマン氏の後任は、25年間で売上高でアジア最大の上場商品 商社となったノーブルを引き継ぐことになる。同社は昨年11月、14 年ぶりの四半期ベースでの赤字を発表。これについてエルマン氏は、 ノーブルの過去10年間にわたる急成長で「少し緩みが出た」と説明 した。

四半期損失を発表した昨年11月9日にリカルド・リーマンCE O(当時)が辞任。エルマン氏は会長職に加え、CEO代行に就いた。 それ以前にトビアス・ブラウン執行会長やピーター・ジェームズ・オ ドネル上級執行副社長らが相次いでノーブルを退社している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE