安住財務相:ユーロ安の動き急で懸念-欧州は自覚して対応を

安住淳財務相は16日午前、欧州各 国の格下げでユーロが対円で約11年ぶりに安値を更新したことを受 け、「ユーロの動きが急で懸念している」と述べた。その上で、「世界 経済の今年の成長に対しても懸念要因になる。自覚した対応をしてほ しい」と述べ、欧州が政府債務問題に伴う信用不安の拡大を防止する 救済策の実行を急ぐよう求めた。財務省内で記者団に対し語った。

財務相は「欧州の国債に対する信用が揺らいでおり、金融機関に 波及している。ファイアーウォール(防火壁)を強力に構築し、市場 に対する安心感を持ってもらわなければならない」とあらためて強調。

日経平均株価が欧州の格下げや円高警戒で下落していることに対 しては「影響はあるが、日本企業のファンダメンタルズ(経済の基礎 的諸条件)が決して悪いわけではない。懸念はしていない」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE