ユーロ圏、救済基金のAAA格付けを維持する決意-選択肢を模索へ

ユーロ導入国は、米格付け会社 スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)がユーロ圏の9カ国を格 下げしたことを踏まえ、欧州救済基金の「AAA」格付け維持に向け 選択肢を探る方針だ。

ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)のユンケル議長(ルクセ ンブルク首相兼国庫相)は13日、格下げを受けて声明を発表し、欧州 金融安定ファシリティー(EFSF)について「現在、および将来調 整されるプログラムの下で約束を果たすための資金は十分にある」と した上で、「EFSFの出資者はEFSFのAAA格付けを維持する ための選択肢を探る決意を新たにする」と述べた。

支援能力が現在4400億ユーロ(約43兆円)のEFSFは債券発 行などを通じてギリシャとアイルランド、ポルトガルに金融支援を実 施している。EFSFのAAA格付けは、ユーロ圏の最上級格付け国 による保証が寄与している。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 山口裕子  Yuko Yamaguchi +81-3-3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor:Kenshiro Okimoto 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jones Hayden at +32-2-285-4312 or jhayden1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE