米消費者マインド指数:1月は予想上回る上昇、8カ月ぶり高水準

米消費者マインド指数は1月に 上昇した。

1月のトムソン・ロイター/ミシガン大学消費者マインド指数 (速報値)は74と、前月の69.9から上昇した。これは昨年5月 (74.3)以来の高水準。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコ ノミスト予想の中央値は71.5だった。

前回の景気後退期(2007年12月-09年6月)までの5年間 の同指数平均値は89だった。同景気後退期18カ月間の平均は

64.2。

4キャストのシニアエコノミスト、ショーン・インクレモナ氏 (ニューヨーク在勤)は、「成長のペースはかなり安定しているよう に見受けられるため、当面は消費者信頼感の支えになるだろう」と指 摘。「雇用面でもポジティブな数字が出てきているほか、ガソリン価 格も以前ほど消費者を圧迫しなくなっている」と述べた。

現在の景況感を示す指数は82.6と、前月の79.6から上昇した。 これは昨年2月(86.9)以来の高い水準だが、11カ月前の数値をな お4.3ポイント下回っている。6カ月後の先行き景況感を示す指数は

68.4と昨年5月(69.5)以来の高水準。前月は63.6だった。

今後1年間のインフレ期待値は3.2%と、前月の3.1%から上 昇。向こう5年間のインフレ期待値は2.8%と、前月の2.7%を上 回った。

ックしてご覧ください。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 大塚 美佳 Mika Otsuka +1-212-617-5823 motsuka3@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba,Tsuneo Yamahiro 記事に関する記者への問い合わせ先: Bob Willis in Washington at +1-202-624-1932 or bwillis@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Christopher Wellisz at +1-202-624-1862 or cwellisz@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE