米マクドナルド、オリンピックのスポンサー契約延長へ-2020年まで

世界最大の外食チェーン、米マク ドナルドは、2012年までとなっている現在のオリンピックスポンサー 契約を8年延長する。

マクドナルドは13日、オーストリア・インスブルックで開くメデ ィア向けイベントで、20年までの契約延長を発表する計画。同社は 1968年以来、オリンピックの支援に関わっている。

ドナルド・トンプソン最高執行責任者(COO)は12日の記者団 との電話会議で、「当社はワールドワイド・オリンピック・トップスポ ンサーと公式レストランの契約を更新し、8年延長する」と発言。プ ログラムの費用は明らかにしなかった。

トンプソンCOOは、同社はオリンピックに向けた世界的な宣伝 キャンペーンは行わないと述べた。

マクドナルドのピーター・ベンセン最高財務責任者(CFO)は 昨年11月10日に開かれた株主総会で、オリンピックのスポンサー活 動などにより、同社の今年の一般管理費が約7%増加するとの見通し を示していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE