ホルムズ海峡閉鎖警告でペルシャ湾以外の用船需要増-フロントライン

ノルウェー生まれの富豪ジョン・ フレドリクセン氏が率いる超大型タンカー運航最大手フロントラインは イランがホルムズ海峡を閉鎖すると警告したことを受け、ペルシャ湾岸 諸国以外からの用船の引き合いが増えていることを明らかにした。

フロントラインの経営部門のイエンス・マーチン・イエンセン最高 経営責任者(CEO、シンガポール在勤)は12日、電子メールで北欧、 カリブ海、リビアなどから追加の原油タンカー用船の引き合いがあると 述べた。

イランの核開発プログラムをめぐり欧州連合(EU)がイラン産原 油の禁輸措置を検討していることに対し、イランのラヒミ第1副大統領 は昨年12月27日、ホルムズ海峡を閉鎖すると警告した。米エネルギ ー省によると、ホルムズ海峡は世界の原油通航量の約20%を占めてい る。

イエンセン氏は追加用船が「現在のタンカー市場には好材料となっ ている」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE