RBS:投資銀での削減発表、不採算部門撤退-全行では4800人規模

英銀ロイヤル・バンク・オブ・ スコットランド・グループ(RBS)は12日、不採算事業からの 撤退に伴い、向こう3年で3500人を投資銀行部門で追加削減する と発表した。不安定な市場環境や英国の新たな規制に絡むコストが 理由。関係者によると、他の部門でさらに約1300人が削減される 見込みで、全行での削減規模は4800人に上る見通し。

発表によると、同行は現物株とM&A(企業の合併・買収)助 言、コーポレートブローキング、株式資本市場事業を売却または閉 鎖する方針で、「多数の」買い手候補と交渉している。また、事情 に詳しい関係者によれば、アイルランドのアルスター銀行や法人向 け融資部門でもさらに約1300人を削減する予定。

スティーブン・ヘスター最高経営責任者(CEO、51)は従業 員向けの文書で「不採算事業や市場のトップ集団に比べ当行の立場 が弱い分野から撤退する」と説明した。RBS幹部は文書の内容を 確認した。さらに、「持続的かつ収益が出るような資金調達が市場 の展開によって脅かされる分野への資源を圧縮する」とも記してい る。

RBSはフレッド・グッドウィン前CEOの下で2008年まで 10年続いた拡大路線の転換を図っている。資本規制の強化や欧州 ソブリン債危機による投資銀行の収益低下が背景。この日発表した 削減の結果、投資銀部門の人員数は2015年までに29%減り約1万 3500人となる。RBSは債券、外為、デッドファイナンス(借り 入れによる資金調達)、決済サービス、リスク管理を中核事業に据 えている。

株価上昇

発表によれば、同行は投資銀行部門のバランスシートを向こう 3年で3000億ポンド(約35兆4000億円)まで圧縮する。現在は 4200億ポンド。リスク加重資産も1500億ポンド未満に減らす。同 行によると、投資銀部門では昨年7-12月(下期)にも2000人を 削減している。

ショア・キャピタルのアナリスト、ゲーリー・グリーンウッ ド氏は、発表内容について「収益力で劣りリスクが高く多くの資 本を必要とする事業の比重を低めていくこの決定を歓迎する」と 述べた。

RBS株は12日、5.6%高の23.00ペンスで終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE