NY外為:ユーロ上昇、ECB総裁発言で-スペイン入札も追い風

ニューヨーク外国為替市場では ユーロがドルに対し1週間ぶり高値に上昇。欧州中央銀行(ECB) のドラギ総裁が、同中銀は深刻な信用逼迫を阻止したと発言したこと が手掛かり。またスペインが実施した国債入札で発行額が目標上限の ほぼ2倍となったことも材料視された。

スイス・フランは主要16通貨すべてに対して値上がり。スイス 国立銀行(SNB、中央銀行)がフラン上昇阻止に向けた姿勢を軟化 させるとの見方が背景にある。カナダ・ドルは一時の上げを消す展開。 米小売売上高の伸びが市場予想を下回ったことを受けた。一方でブラ ジル・レアルは約1カ月ぶり高値。同国の小売売上高の伸びが市場予 想を上回ったことが背景。

みずほコーポレート銀行の荒井守氏は、ユーロ圏に関して良いニ ュースが聞かれれば、ショートカバーが出る可能性があると分析。市 場はドラギ総裁が欧州経済についてかなり前向きな発言をすると注目 していたが、良くバランスの取れた内容だったと指摘した上で、スペ インの入札も好調だったと付け加えた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで前日比

0.8%高の1ユーロ=1.2814ドル。一時1.2845ドルと、5日以来 の高値を付けた。対円では0.7%上昇し、98円36銭。一時0.9% 高まで上げた。ドルは対円で0.1%下げて1ドル=76円76銭。一 時76円67銭と、5日以来の安値を付けた。

スイス中銀

スイスの銀行UBSは顧客リポートで、スイス中銀のヒルデブラ ンド総裁辞任で生じた不透明な状況を利用して、投資家は1ユーロ=

1.20フランの上限を試しつつあると指摘した。

フランは対ユーロで0.2%高の1ユーロ=1.2104フラン。対ド ルでは1%上昇し1ドル=0.9446フラン。

カナダ・ドルはほぼ変わらずの1米ドル=1.0191カナダ・ドル。 一時0.6%高まで上げた。米商務省が発表した昨年12月の小売売上 高(速報値)は、季節調整済みで前月比0.1%増加した。ブルーム バーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は0.3%増 だった。米国はカナダにとって最大の貿易相手国。

ブラジル・レアルは1.3%高の1ドル=1.7796レアル。ブラジ ルの11月の小売売上高は前月比1.3%増加し、伸びは市場予想 (0.4%増)を上回った。レアルは一時1ドル=1.7761レアルと、 12月5日以来の高値を付けた。

ブルームバーグ相関加重通貨指数によれば、ユーロはこの日、先 進9カ国の通貨に対して0.6%上昇。一方でドルは0.3%、円は

0.2%それぞれ下げた。フランは0.8%高で最大の上げとなった。

ユーロのファンダメンタルズ

ECBは先月の3年物オペで、4890億ユーロ(約48兆円)と 記録的規模の資金を金融機関に貸し付けた。ドラギ総裁は大量の長期 資金供給について、「この決定が少なくとも、さらにはるかに深刻な 与信縮小を防いだと信じている」と述べた。

野村ホールディングスの外国為替ストラテジスト、チャールズ・ サンタルノー氏(ニューヨーク在勤)は「資金調達市場の状況が改善 しつつある兆候が見られる。これは短期的にユーロにはプラスだ」と しながらも、「ファンダメンタルズは変わっておらず、依然ネガティ ブだ」と付け加えた。

----With assistance from Anchalee Worrachate in London, Chris Fournier in Halifax, Nova Scotia and Jose Leonel in Sao Paulo. Editors: Greg Storey, Dennis Fitzgerald

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 森 茂生 Shigeki Mori +1-212-617-6107 smori1@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae 記事に関する記者への問い合わせ先: Allison Bennett in New York at +1-212-617-6892 or abennett23@bloomberg.net; David Goodman in London at +44-20-7392-0717 or dgoodman28@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: Dave Liedtka at +1-212-617-8988 or dliedtka@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE