NY原油時間外:上昇-ナイジェリアのストやイラン原油禁輸警告で

ニューヨーク原油先物相場は12 日の時間外取引で、終値ベースでの今年の安値から上昇。ナイジェリア のストライキやイラン原油禁輸警告で供給が減る可能性が強まった。

ナイジェリアの石油組合ペンガッサンは労組の燃料補助金復活要 求を支援するためにプラットフォームを閉鎖する手続きを開始した。 12日付読売新聞朝刊は、日本がイランからの原油輸入を大幅に削減す る方針を固めたと報じた。

原油先物2月限は一時、46セント(0.5%)高の1バレル当たり

101.33ドルを付けた。シドニー時間午前10時59分(日本時間同8 時59分)現在、101.30ドルで推移している。前日の通常取引は

1.3%安の100.87ドルで引けた。終値としては昨年12月30日以来 の安値。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 淡路毅 Takeshi Awaji +81-3-3201-2107 or tawaji@bloomberg.net Editor: Hiromi Horie 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Paul Gordon at +852-2977-6627 or pgordon6@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE