NY金先物:続伸、4週間ぶり高値-中国の需要増と欧州の債務危機で

ニューヨーク金先物相場は続伸。 一時4週間ぶりの高値を付けた。中国の現物需要が急増し、過去最大 となったことが手掛かり。欧州の債務危機も逃避先としての金の需要 拡大につながった。

香港政府の発表によると、中国が香港から昨年11月に購入した 金は10万2779キログラムと10月の8万6299キロから増加し、 過去最高となった。格付け会社フィッチ・レーティングスは10日、 イタリアの信用格付けを引き下げる可能性は「相当高い」と指摘した。 フィッチは、欧州の債務危機を解決するには欧州中央銀行(ECB) が国債購入を増やすべきだとの見解も示している。金は先月に10% 値下がりした。

オプションセラーズ・ドット・コム(フロリダ州)の創業者、ジ ェームズ・コーディアー氏は電話インタビューで「金価格の下落は、 中国の買い手にとってこの上ないタイミングだった」と指摘。「金は 安全逃避先としての性質を取り戻している」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 2月限は前日比0.5%高の1オンス=1639.60ドルで終了。一時は 1648ドルと、中心限月としては先月13日以来の高値を付けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE