ゴールドマン:植田、パラダイス両氏をアジア証券部門の責任者に指名

米ゴールドマン・サックス・グ ループは、アジア証券部門の共同責任者にジェームズ・パラダイス、 植田栄治両氏を指名した。同行は収入全体の60%をトレーディング 事業が占める。

ブルームバーグ・ニュースが入手した内部文書によると、今回の 人事に伴い、現在ロンドン在勤のパラダイス氏と東京在勤の植田氏は ともに香港に移る。直属の上司はゴールドマン・サックス証券の佐護 勝紀副社長および日本を除くアジア太平洋部門のデービッド・ライア ン社長となる。

パラダイス、植田両氏は、昨年11月に退社したユサフ・アリレ ザ氏の業務を一部引き継ぐ。アリレザ氏は日本を除くアジア太平洋部 門の共同社長だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE