EU:ベルギーとマルタ、キプロス合格-財政赤字削減で制裁免れる

ベルギーは緊急の歳出凍結により、 欧州連合(EU)が財政赤字規定の違反国に科す制裁をとりあえず免 れた。EUが域内債務危機の収束に向け規則を厳格化し制裁実施へ のプロセスを迅速化する中、同国はその試金石となっていた。

EUの行政執行機関、欧州委員会は11日、ベルギーとマルタ、キ プロスの3国について、2012年の財政赤字が目標から外れることを防 ぐため、必要な是正措置を講じたと指摘。赤字是正で実績を上げた事 実は、2年越しの危機対応で市場の懐疑論を払拭(ふっしょく)した い

EUにとって当面の勝利を意味する。

欧州委のレーン委員(経済・通貨担当)はこの日、ブリュッセル で記者団に対し、「新たな経済統治は既に結果をもたらしている」と述 べ、新たな規則は「赤字抑制や債務圧縮ができない国々に行動させる 執行手段になる」と言明した。

欧州委は東欧のEU加盟国として最大のポーランドについても、 赤字削減で適切な措置を講じていると評価。一方、ハンガリーには 圧力を強め、同国は持続可能な赤字削減策どころか「一時的措置」 に頼っているとの判断を示した。EUや国際通貨基金(IMF)に 金融支援を求めている同国は制裁には直面していないものの、この 日の判断は支援協議に影響を与えそうだ。

EUからの警告に応じ、ベルギーは今月、13億ユーロの支出凍結 を実施。この結果、12年の財政赤字を対国内総生産(GDP)で3% というEU上限を下回る水準に削減する「目標達成に向け、ベルギー の財政政策は軌道に乗っている」とレーン委員は説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE