ハンガリー財政は深刻、一時的措置で目隠し-EUが手続き勧告

欧州連合(EU)の行政執行機 関、欧州委員会はハンガリー財政の持続可能性について、一時的な措 置で実態が隠されているだけで昨年は「深刻な悪化」が起きていたと 発表した。

欧州委は11日、ハンガリーのオルバン首相が講じた措置は「持 続可能なものではなく」、同国は財政赤字の抑制で「効果的な行動」 を取れなかったと指摘。過剰赤字の是正に向けた手続きで「次の段階」 に進むよう勧告した。

オルバン政権は120億ドル(約9240億円)規模の民間年金基 金を実質国有化するとともに、エネルギーと金融、小売り、通信企業 を対象に特別増税を実施。これによって赤字穴埋めを試みた。

欧州委は財政赤字を国内総生産(GDP)の3%以内に抑制する というEU規定を「2011年にハンガリーは表向き尊重したものの、 それはGDPの10%程度に相当する一時的措置のおかげだった」と 指摘し、「根底にある構造バランス上の深刻な悪化を隠している」と 批判した。

欧州委はEU閣僚の理事会に対し、ハンガリーが「持続的な」方 法で財政赤字を対GDP比3%以下に抑える基準を守れなかったとの 認識で一致するよう提案すると発表。理事会が認めれば、同国への新 たな勧告につながるとしている。

また、欧州委のレーン委員(経済・通貨担当)はこの日、ブリュ ッセルで、ハンガリーが財政赤字を是正できない場合、EUは同国向 けの援助資金の提供を一時中断する可能性があると発表。これを受け てハンガリー国債相場は1週間ぶりに下落。通貨フォリントも下げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE