米コダック、アップルと台湾HTCを提訴-特許価値を高める戦略

米写真用品メーカー、イーストマ ン・コダックは米アップルと台湾の宏達国際電子(HTC)を特許侵 害で提訴した。コダックは1100件を超える特許の売却ないしライセン ス供与を目指しており、経営立て直しの資金確保へ特許価値を高める 法律戦略を取っている。

コダックはニューヨーク州ロチェスターの連邦地裁に10日起こ した2件の訴訟で、アップルとHTCがコダックの画像伝送技術を無 断で使用したと主張。HTCが画像のプレビュー技術に関連する特許 も侵害したとしている。画像のプレビュー技術をめぐっては、コダッ クはすでにアップルとカナダのリサーチ・イン・モーション(RIM) を米国際貿易委員会(ITC)に提訴している。

コダックの2011年決算は4年連続の通期赤字が見込まれており、 同社は事業再編に必要な資金を確保するため、保有するデジタル画像 関連特許の売却を目指している。アントニオ・ペレス最高経営責任者 (CEO)は、アップル、RIMとの特許紛争でITCがコダックに 有利な判断を下せば、10億ドル(約770億円)の新たな収入が得られ る可能性があるとの見方を示している。

コダックは10日、アップルのスマートフォン(多機能携帯電話) 「iPhone(アイフォーン)」とタブレット型コンピューター「i Pad(アイパッド)」、HTCのタブレット「Flyer(フライヤ ー)」と携帯電話「ワイルドファイアS」の輸入差し止めをITCに請 求した。アップルとHTCへの賠償請求額は明らかにしていない。

HTCは訴訟に関するコメントを控えた。アップルにコメントを 要請したが、これまでのところ返答はない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE