グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は上昇。ハンセン指数が終値ベースで約1カ月ぶり の高値で引けた。中国当局が金融政策を緩和するとの観測に加え、欧 州首脳が域内債務危機の収束に向けて取り組みを強化していることが 好感された。

中国政府系の不動産会社、チャイナ・リソーシズランド(華潤置 地、1109 HK)は2.3%高。広東省に本社を置く不動産開発会社、 碧桂園(カントリー・ガーデン・ホールディングス、2007 HK)は

5.2%高。中国最大のセメントメーカー、安徽海螺水泥(914 HK) は7.5%上昇した。

欧州を最大市場とする衣料小売りのエスプリ・ホールディングス (330 HK)は4.4%高。同社は製品とデザイン分野を担当する新 任の最高責任者を指名した。チャイナ・テレコム(中国電信、728 HK)は1.7%上昇。米アップルがチャイナ・テレコムのネットワー クで動かす端末の仕様について当局の承認を受けたことが好感された。

ハンセン指数は前日比138.56ポイント(0.7%)高の

19004.28と、昨年12月8日以来の高値で引けた。ハンセン中国 企業株(H株)指数は同1.8%高の10413.61。同日発表された昨 年12月の中国輸出は伸びが鈍化し、当局が金融緩和を実施するとの 観測を高めた。

第一上海証券のチーフストラテジスト、ライナス・イップ氏(香 港在勤)は、「中国本土の政策が一段と緩和に転じつつあるのは明ら かだ。相場を支えるための中国の新たな政策が市場心理を幾分好転さ せている」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式相場は3営業日続伸。上海総合指数は3日間の上昇率が 2010年10月以来の大きさとなった。この日発表の中国貿易統計で 輸出入の伸び鈍化が示されたことを受け、当局が経済成長促進のため に金融政策を緩和するとの観測が強まった。

中国2位の不動産開発会社、保利房地産集団(600048 CH)は

1.8%高。最大手の万科企業(000002 CH)も1.6%高。

石炭生産の中国神華能源(601088 CH)は2.9%高。携帯電 話事業の中国聯合網絡通信(600050CH)は3.5%高。共に親会社 が両社への出資比率を増やしたことが手掛かり。

農業を手掛ける新疆塔里木農業総合開発(600359 CH)は値幅 制限いっぱいの10%高。貧困地域を対象とした5カ年の開発計画を 政府が承認したことが材料となった。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動し ている上海総合指数は前日比59.85ポイント(2.7%)高の

2285.74と、昨年12月12日以来の高値で取引を終えた。この3 営業日の値上がり率は6.4%に達した。上海、深圳両証取のA株に 連動するCSI300指数は前日比3.3%高の2447.35。

精熙投資管理の王征最高投資責任者(CIO)は、「外需の伸び が鈍化しつつある。当局は内需拡大のために一段の金融緩和に踏み切 る」と予想。「中国は経済構造の調整過程にあり、それが株式にも好 影響を与える」と付け加えた。

昨年12月の中国輸出は前年同月比13.4%増で市場予想と一致 したが、輸入は2年ぶりの低い伸びとなり予想を下回った。株価指数 はこの発表後に上値を伸ばした。

【インド株式市況】

インド株式相場は上昇。指標のセンセックス30種指数は1カ 月ぶり高値を付けた。欧州当局者が域内の債務危機の収束に向けた 措置を講じるとの観測が高まった。また、インド準備銀行(中央銀 行)が流動性逼迫(ひっぱく)を緩和するとの見方から、外国人投 資家がインド株の買いを膨らませたことも手掛かりとなった。

世界最大の製油所を所有するリライアンス・インダストリーズ は3週間ぶりの大幅高。インド最大の銀行、インドステイト銀行は 4%高と、銀行株の上昇をけん引した。

証券監督当局のデータによると、海外投資家のインド株式の売 買動向は、今月これまでに1日当たり平均4200万ドルの買い越し。 ルピーは3日続伸し、2カ月余りで最長の値上がり局面となった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前日比350.37ポ イント(2.2%)高の16165.09と、先月9日以来の高値で引け た。

リライアンス(RIL IN)は4.2%高の736.20ルピー。ス テイト銀(SBIN IN)の終値は1702.60ルピーとなった。前日 までの5営業日で4%下げていた。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比46.84ポイント(1.1%)高の

4152.24。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比26.73ポイント(1.5%)高の

1853.22。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比85.83ポイント(1.2%)高の7178.87。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比28.55ポイント(1.1%)高の2719.83。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前日比0.26ポイン ト高の1521.99。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比8.20ポイント(0.8%)高の1053.04。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比49.77ポイント(1.3%)高の

3938.84。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比19.48ポイント(0.4%)高の

4561.08。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE