ドイツ:欧州債務危機で上期にリセッション入りも-ドイツ銀行

ドイツは欧州のソブリン債危 機やユーロ圏の財政緊縮策をめぐる「強い不透明感」を背景に、 今年1-6月(上期)にテクニカルリセッション(景気後退)に 陥る公算が大きいと、ドイツ銀行のエコノミストらが指摘した。

ドイツ銀は同行のウェブサイトに掲載した10日付リポートで、 「こうした要因は輸出を鈍化させるだけでなく、投資意欲も減退 させる」とした上で、「民間消費が適度な刺激を与えてくれるはず だ」と予想した。

リポートは、ソブリン債危機への対応の進展は7-12月(下 期)にドイツ経済、特に貿易を「幾分」活性化させる可能性があ ると説明。国内総生産(GDP)は2012年に停滞するとの見通し も示した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 山口裕子 Yuko Yamaguchi +81-3-3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Nicholas Comfort at +49-69-92041-213 or ncomfort1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE