グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は反落。フランス国債の入札で平均落札利回りが前 回水準を上回ったことで欧州債務危機が一段と深刻化するとの懸念が 高まった。

時価総額で欧州最大の銀行、英HSBCホールディングス(5 HK)は2%安。ドイツやイタリア、スペインなどに港湾を所有する ハチソン・ワンポア(13 HK)は2.4%安。

セメントメーカーの中国山水水泥集団(691 HK)は7.8%の下 げ。同業の安徽海螺水泥(914 HK)も5%安。中国政府が炭素税導 入を検討しているとの一部報道が嫌気された。中国政府系の不動産会 社チャイナ・リソーシズランド(華潤置地、1109 HK)は2.4%安。 不動産税を課す地域が広がる可能性があるとの報道が材料。

ハンセン指数は前日比220.35ポイント(1.2%)安の

18593.06。週間では0.9%上昇となった。ハンセン中国企業株(H 株)指数は前日比1.5%安の9987.33。

リッチランド・キャピタル・マネジメントのマネジングディレク ター、アレックス・アウ氏(香港在勤)は、欧州情勢が引き続き不透 明な上に中国の春節(旧正月)休暇を控えている中で「誰も本当にリ スクを増やそうとは考えていない」と指摘した。

【中国株式市況】

中国株式相場は今年に入って初めて上昇で取引を終えた。流動性 逼迫(ひっぱく)で打撃を受けた中小企業への融資を促すため、中国 人民銀行(中央銀行)が6日にも預金準備率を引き下げるとの観測が 広がった。

金融株が買われた。中国建設銀行(601939 CH)は1.5%高。 中信銀行(CITIC銀行、601998 CH)は1.2%高。今月下旬の 春節(旧正月)の連休前には手形入札を実施しないと人民銀が表明し たことが手掛かり。中国最大のエネルギー会社、ペトロチャイナ(中 国石油、601857 CH)は1.6%上昇。政府が石油会社への特別税の 徴収基準を緩和したことが好感された。

テクノロジー関連銘柄が大きく上昇。コンピューター製造の清華 同方(600100 CH)は6.1%高。カラーフィルターなどを手掛ける 深圳菜宝高科技(002106 CH)は4%上げた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動し ている上海総合指数は、前日比14.94ポイント(0.7%)高の

2163.39。一時は0.7%安まで下げていた。営業日数が少なかった 今週だが、週間の下落率は1.6%となった。上海、深圳両証取のA株 に連動するCSI300指数は前日比0.6%高の2290.60で終了した。

中原証券の張剛ストラテジストは「株式相場が大幅に下げたとき はいつも預金準備率が引き下げられるとの観測が広がる」と指摘。 「実際に引き下げがない限り、こうした反発局面は長く持たない公算 が大きい」と話した。

【インド株式市況】

インド株式相場は上昇。週間ベースでもプラスとなった。インフ レが鈍化する中、インド準備銀行(RBI、中央銀行)が景気てこ入 れで利下げを実施するとの観測が高まった。

世界最大の製油所を所有するリライアンス・インダストリーズは 3週間ぶり大幅高となった。インド最大のトラックメーカーで、高級 車メーカーのジャガー・ランドローバーを傘下に置くタタ・モーター ズは5日続伸。前週末比では14%の大幅高となった。

一方、国内最大の銀行、インドステイト銀行は3日続落。同行の プラティプ・チョードーリー会長がキングフィッシャー航空向け融資 の問題債権化を明らかにし、売り材料となった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は前日比10.65 ポイント(0.1%)高の15867.73で終了。前週末比では2.7%上 げ、昨年12月2日終了週以後で最大の値上がりとなった。

リライアンス(RIL IN)は2.6%高の717.55ルピー、タタ・ モーターズ(TTMT IN)は0.7%上げ203.60ルピー。一方、ステ イト銀(SBIN IN)は1.2%安の1672.75ルピー。同銘柄の昨年 の下落率は42%だった。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比34.2ポイント(0.8%)安の

4108.5。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比20.60ポイント(1.1%)安の

1843.14。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比10.35ポイント(0.2%)安の7120.51。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比2.57ポイント(0.1%)高の2715.59。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前日比0.30ポイ ント安の1514.13。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比0.54ポイント(0.1%)安の1036.26。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比36.85ポイント(0.9%)安の

3869.42。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比35.55ポイント(0.8%)安の

4483.36。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE