今日の国内市況:株式は続落、債券続伸-ユーロほぼ全面安

日本株相場は続落。フランス国債の 入札低調で欧州債務危機が悪化しているとの懸念が広がり、前日の海 外為替市場でユーロ安・円高が加速。業績への悪影響が懸念され、機 械や精密機器、電機など輸出関連株が安い。ばら積み船運賃の急落が 嫌気され、海運株は東証1部33業種の下落率1位。

TOPIXの終値は前日比6.68ポイント(0.9%)安の729.60、 日経平均株価は同98円36銭(1.2%)安の8390円35銭。両指数とも 小動きで始まった後、徐々に水準を切り下げ、午後は先物主導で一段 安となる場面もあった。

フランス政府は5日、ことし最初の長期債入札を実施し、79億 6000万ユーロ(約7850億円)相当を発行した。40億2000万ユーロの 発行となった10年債の平均落札利回りは3.29%と、前回入札時の

3.18%を上回った。

東証1部売買代金上位では日産自動車やソニー、コマツなど輸出 関連株が売りに押された。ばら積み船の国際運賃市況であるバルチッ ク海運指数が5日に8.1%安となるなど、同指数が足元で下げ基調を 強めており、業績への悪影響が懸念され商船三井、日本郵船など海運 株も安い。東証1部の海運株指数は3.7%安で、業種別33指数の下落 率トップ。

千葉市のJFEスチールで火災が発生した、と共同通信など大手 メディアで報じられたことを受け、JFEホールディングスが売られ るなど鉄鋼株も下げた。コスモ石油やJXホールディングス、三菱商 事、野村証券が目標株価を下げた石油資源開発など資源関連も安い。

東証1部の売買高は概算で15億4053万株、売買代金は8456億円。 値下がり銘柄数は1152、値上がり354。東証1部の業種別33指数は海 運、鉄鋼、非鉄金属、機械、石油・石炭製品、ガラス・土石製品、精 密機器、卸売な31業種が下落。上昇は空運、食料品の2業種。国内新 興市場は、ジャスダック指数が前日比0.6%安の48.08と小幅ながら 6営業日ぶりに反落。東証マザーズ指数は1.1%安の396.42と続落。

債券続伸

債券相場は続伸。午前は前日終値付近でもみ合いとなっていたが、 国内株価が午後に下げ幅を拡大させたことや流動性供給入札を無事に 通過したことで買い安心感が広がった。

東京先物市場で3月物は、前日比2銭高の142円41銭で取引を開 始し、いったんは142円35銭まで下落。しばらく横ばい圏でもみ合っ た後、午後1時過ぎから水準を切り上げ、一時は7銭高まで上昇。結 局は4銭高い142円43銭で引けた。

財務省がこの日実施した流動性供給入札(発行額3000億円)の結 果によると、募入最大利回り較差がプラス0.002%、募入平均利回り 較差はマイナス0.004%となった。需要の強さを示す応札倍率は2.64 倍と、前回の4.34倍を下回った。

一方、午後の外国為替市場などで北朝鮮の核関連施設で事故が発 生したとの憶測が出ていたものの、債券相場の反応は限定的だった。

現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物の319回債利回り は同0.5ベーシスポイント(bp)低い0.98%と、昨年12月30日以来の 低水準で始まった。一時横ばいの0.985%を付けたが、午後1時過ぎ からは再び0.98%で推移した。

20年物の132回債利回りは午後の開始後に0.5bp高い1.76%を付 けたが、その後は横ばいの1.755%。30年物の35回債利回りは一時1 bp高い1.93%と1週間ぶり高水準を付けた後、1.925%で推移してい る。5年物の101回債利回りは横ばいの0.335%。

ユーロが対ドル2010年9月来の安値

東京外国為替市場ではユーロが対ドルで2010年9月以来の安値 を付けた。週末に注目の米雇用統計の発表を控えて全般的に動きづら かったものの、欧州債務危機の深刻化への懸念が根強く、ユーロは対 円でも約11年ぶり安値圏で上値の重い展開が続いた。

ユーロ・ドル相場は1ユーロ=1.27ドル後半でもみ合っていたが、 午後には前日の海外市場で付けた安値を割り込み、一時1.2764ドルま で水準を切り下げた。

ユーロ・円相場も1ユーロ=98円後半で上値の重い展開となり、 午後には一時98円57銭と海外時間に付けた2000年12月以来の安値 (98円48銭)に近付く場面が見られた。

ドル・円相場は小動きながら1ドル=77円前半を維持し、午後に は一時77円26銭と1週間ぶりドル高値を付ける場面もあった。

安住淳財務相は6日午前、閣議後の会見で、ユーロが対円で、約 11年ぶり安値付近で推移していることについて、ユーロ圏各国の努力 を促しているとの見方を示した上で、「ドイツ、フランスを中心にしっ かり対処していただきたい」と語った。また、ユーロ安は「ユーロ圏 に輸出している産業への影響は非常に大きい」とした上で、「為替相場 の動向を注意深く監視をしている状態だ」と述べた。

ブルームバーグ・データによると、ユーロは今週、主要16通貨中 14通貨に対して下落している。イタリアの銀行最大手ウニクレディの 増資計画を受け、欧州の銀行が債務危機を乗り切るため一段の資本増 強が必要になるとの観測が台頭。ドイツやフランスの国債入札結果も 支援材料とはならず、ユーロ売りが再燃した。

フランスのサルコジ大統領は6日にイタリアのモンティ首相とパ リで会談する。また、9日にはベルリンを訪問し、ドイツのメルケル 首相と債務危機収束に向けた協議を再開する。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査によれば、 6日発表の12月の米雇用統計で非農業部門雇用者数は15万5000人増 加と11月の12万人増から伸びが加速すると予想されている。失業率 は8.7%と約2年ぶりの低水準となった11月から0.1ポイント上昇す る見通し。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE