S&Pのシース氏:ユーロ圏の経済活動には改善が必要-パリジャン紙

米格付け会社スタンダー ド・アンド・プアーズ(S&P)の欧州担当チーフエコノミス ト、ジャンミシェル・シース氏は仏紙パリジャンとのインタビ ューで、ユーロ圏の経済活動全般に改善が必要との見方を示し た。

同氏はインタビューの中で、ユーロ圏は投資家の信頼 を回復し、 成長を再開する必要があると指摘。また、日米両国では低金 利での借り入れが続いている点を挙げ、信用格付けと金利コ ストの間に体系的な相関関係はないと付け加えた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editor: Hiroyuki Nakagawa 記事に関するエディターへの問い合わせ先: David Whitehouse at +33-1-5365-5059 or dwhitehouse1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE