金トレーダー:過去1カ月で最も強気-欧州債務危機とイラン情勢緊迫

金トレーダーは、過去1カ月間で最 も強気な姿勢を示している。欧州の債務危機の深刻化に加えイランを めぐる緊張の高まりを背景に、金相場は昨年10月以降で最長の上昇 相場となっている。

ブルームバーグが22人を対象に実施した調査の中央値によると、 10人が来週の金相場は上昇すると予想し、中立姿勢を示したのは5 人だった。上昇と横ばいを見込む回答者の割合は昨年12月9日以降 で最大。米造幣局のウェブサイトのデータによると、アメリカンイー グル金貨の今月の販売量は4万5500オンス。昨年12月は1カ月間 で6万5500オンス、11月は4万1000オンスだった。

英国とフランスはイランの核開発プログラムをめぐる対応策とし て、今月30日の会合で、欧州連合(EU)各国に対しイラン産原油 の輸入を停止するよう要請する方針。こうした動きにイランは、世界 の原油輸送の主要な通過点の1つであるホルムズ海峡を封鎖すると警 告している。

金ブローカー、ゴールドコア(ダブリン)のエグゼクティブディ レクター、マーク・オバーン氏は「欧州のソブリン債危機とイラン情 勢をめぐる地政学的リスクの悪化が金相場を下支えするはずだ」と指 摘。「資産の逃避先としての金の特性が引き続き需要に結び付くだろ う」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE