1月5日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:ユーロ、対円で11年ぶり安値-欧州危機の悪化を警戒

ニューヨーク外国為替市場ではユーロが下落。対円で11年ぶり 安値、対ドルでは1年3カ月ぶりの低水準を付けた。欧州の債務危機 が悪化しているとの懸念からユーロ売りが膨らんだ。米労働市場の改 善を示す経済指標はドルの買い材料。

フランス国債入札で借り入れコストが上昇したため、ユーロは大 部分の主要通貨に対して下落した。格付け会社はフランスの最上級格 付け「AAA」を引き下げる可能性を示唆している。ポンドは対ユー ロで1年3カ月ぶりの高値に上昇。安全資産に対する需要が高まり、 豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルは米ドルに対して下落した。

オンライン為替取引会社GFTフォレクスの調査ディレクター、 ボリス・シュロスバーグ氏(ニューヨーク在勤)は「市場はソブリン 債と欧州の銀行債務に関して非常に強い懸念を抱いている。センチメ ントは非常に暗い」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは円に対して前日比

0.7%安の1ユーロ=98円63銭。一時は98円48銭と、2000年 12月以来の安値水準となった。対ドルでは1.2%安の1ユーロ=

1.2789ドル。2010年9月13日以来、初めて1.28ドルを割り 込み、一時は1.2777ドルまで下げた。ドルは円に対して0.5%高 の1ドル=77円12銭。

ポンドは対ユーロで0.4%高の1ユーロ=82.53ペンス。一時 は2010年9月以来の高値となる82.50まで上昇した。対ドルでは

0.8%安の1ポンド=1.5495ドル。

「ユーロに下振れリスク」

ドイツ銀行のG10為替ストラテジー世界責任者、アラン・ラス キン氏(ニューヨーク在勤)はブルームバーグテレビジョンとのイン タビューで、「ユーロにはかなりの下振れリスクがあることを市場は 強く認識しており、かなり長い間そうしている」と指摘。「その認識 に基づく取引が強まっている。ユーロは多くの通貨に対してかなり下 げている」と語った。

イタリアの銀行ウニクレディトは4日、75億ユーロ(約7400 億円)規模の株主割当増資を発表。欧州の銀行が資本増強に苦慮する との懸念が強まった。同行は約390億ドル相当のイタリア政府債を 保有している。

米経済指標

給与明細書作成代行会社のオートマティック・データ・プロセ ッシング(ADP)エンプロイヤー・サービシズが給与名簿に基づく 集計調査を発表すると、ドルは対ユーロで上げ幅を拡大した。ADP によると、12月の米民間部門の雇用者数は前月比で32万5000人 増加した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の最高値も上 回った。中央値は17万8000人の増加だった。前月は20万4000 人増に修正された。

ブルームバーグの調査によると、6日発表の12月の雇用統計で は非農業部門雇用者数は15万5000人増が予想されている。11月 は12万人増だった。

米労働省がこの日発表した先週の新規失業保険申請件数 (季節 調整済み)は、前週から1万5000件減少して37万2000件。ブル ームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は37万 5000件だった。

米供給管理協会(ISM)が5日発表した非製造業景況指数は

52.6と、前月の52から小幅上昇したものの、ブルームバーグがま とめたエコノミスト予想の中央値を下回った。同指数で50はサー ビス業活動の拡大と縮小の境目を示す。

仏政府が実施した10年債入札(40億2000万ユーロ発行)を 材料にユーロは下落。平均落札利回りは3.29%と、前回入札時(12 月1日)の3.18%を上回った。応札倍率は1.64倍と、前回の

3.05倍から低下。2023年、35年、41年にそれぞれ償還期限を迎 える国債も発行された。

カナディアン・インペリアル・バンク・オブ・コマース(CI BC)の外為戦略担当エグゼクティブディレクター、ジェレミー・ ストレッチ氏(ロンドン在勤)は「格下げの憶測が広がっている。 そのため、フランスがこの入札というハードルを乗り越えたからと いって、ユーロを信頼しようというムードではない」と述べた。

◎米国株:S&P500種は3日続伸、民間雇用増を好感-銀行高い

米株式市場ではS&P500種株価指数が3日続伸となった。タ ーゲットやJCペニーによる利益予想の下方修正が嫌気されたものの、 民間部門の雇用者数のデータ改善が買い材料となった。銀行株が高い。

シティグループとJPモルガン・チェースが上昇。ドイツ銀行が 金融業界の昨年第4四半期決算について「明るい兆候」が示されると の見方を示したことが背景。バンク・オブ・アメリカ(BOA)は、 オバマ政権が全国的な住宅ローンの借り換えプログラムを実施すると の観測から大幅高となった。一方でターゲットとJCペニーは下落。 シェブロンも原油の値下がりを手掛かりに売られた。

米証券取引所全体の騰落比率は3対2。S&P500種株価指数 は前日比0.3%高の1281.06。一時0.9%安まで下げる場面もあ った。ダウ工業株30種平均は2.72ドル下落し、12415.70ドル。

ナショナル・セキュリティーズ(ニューヨーク)の市場担当チー フストラテジスト、ドナルド・セルキン氏は電話インタビューで、 「昨年を通じて目にした欧州の情勢とは対照的に米国の経済データは 改善し始めている」と指摘。「米経済はリセッション(景気後退)に は陥らないとの見方が広がっている。今ではより良い状況にある米国 と、依然としてリセッション入りが見込まれている欧州との間で乖離 (かいり)が見られる」と続けた。

S&P500種は前日、2カ月ぶり高値で終了。ダウ工業株30種 平均は昨年7月以来の高値を付けた。

銀行株が上昇

この日、S&P500種の金融株指数が上げに転じ、主要10業種 では最大の上昇となった。KBW銀行株指数は2.2%高。JPモルガ ンは2.1%高の35.68ドル。シティは1.2%上昇し28.51ドル。

ドイツ銀行のアナリスト、マット・オコナー氏は顧客向けリポー トで、米大手金融機関の第4四半期決算は、融資の伸び加速や住宅ロ ーン関連収入の増加、信用改善といった「明るい兆候」が示されるだ ろうと記した。

BOAは8.6%高の6.31ドルと、昨年10月以降で最大の上げ。 ただし通常取引終了後の時間外取引では1.7%安となった。事情を知 る米政府当局者が、ホワイトハウスは大規模な住宅ローンの借り換え プログラムを新たに計画していないと語ったことが手掛かり。

モルガン・スタンレー・シクリカル指数は0.4%高。一方でダウ 輸送株平均は0.2%下げた。

既存店売上高

小売り各社の12月の既存店売上高は強弱まちまちな内容となっ た。ギャップやターゲット、コールズの売上高はアナリスト予想に届 かなかった。販促のタイミングを誤ったことや、好調だった年末商戦 の時期に在庫切れとなったことが響いた。

JCペニーは2.7%安の33.97ドル。同社は11年11月-12 年1月(第4四半期)について、利益が1株当たり65-70セントに なるとの予想を示した。これはアナリスト予想の平均(同1.08ドル) を下回る。ターゲットは3%下落し48.51ドル。同社は第4四半期 の利益について、1株当たり最大1.43ドルに下方修正し、アナリス ト予想の平均(1.48ドル)を下回った。

ギャップは3.2%安の18.27ドル。コールズは1.8%安の

46.52ドル。

◎米国債:30年債下落、雇用関連統計に明るい兆し-逃避需要が減退

米国債相場は30年債が下落。雇用市場に明るい兆しが見られ、 安全逃避先としての米国債需要が減退した。

朝方発表された昨年12月の米民間部門の雇用者数は、市場予 想を上回る伸びを記録。新規失業保険申請件数は前週比で減少した。 米労働省が6日発表する12月の雇用統計では、雇用増のペース加速 が予想されている。米財務省は来週660億ドル相当の国債入札を実 施する。

UBSの金利戦略責任者、クリス・アーレンズ氏(コネティカ ット州スタンフォード在勤)は「米国で発表される予想以上に良好な 経済統計の扱いに苦労している投資家がいる一方で、欧州発のリスク に対する懸念もある」と述べ、「米国債市場では戦略的な取引がみら れる」と続けた。

ニューヨーク時間午後3時34分現在、30年債利回りは前日比 3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の3.06%。同 年債の価格(表面利率3.125%、2041年11月償還)は19/32下 げて101 9/32だった。10年債利回りは2bp上げて1.99%。

財務省は10日から3日間で3年債(320億ドル)、10年債 (210億ドル)、30年債(130億ドル)の入札を施する。

残存期間が長めの国債を4000億ドル購入し、期間が短い国債 を同額売却する、いわゆる「オペレーション・ツイスト(ツイストオ ペ)」の一環として、ニューヨーク連銀はこの日、償還期限2012年 4月から2014年4月までのインフレ連動債(TIPS)13億 5000万ドルを売却した。

一部欧州で借り入れコストが上昇

この日は一時、スペインとハンガリー、フランスの借り入れコ スト上昇で欧州の債務危機が広がっているとの懸念が強まり、米国債 が上昇する場面もあった。

みずほセキュリティーズUSAの米国債トレーディング責任者、 ジェームズ・コンビアス氏(ニューヨーク在勤)は「まだ不安は根強 くある」と指摘。「投資家は欧州の動向を注視している」と続けた。

ユーロ圏の救済基金である欧州金融安定ファシリティー(EF SF)は、5日に3年債30億ユーロを起債。3年債の発行利回りは 指標のスワップレートに40bp上乗せした水準だった。

3年債の募集に対する投資家需要は約45億ユーロ。EFSF が初めて起債した1年前は、注文が募集の9倍に達していた。

米国の雇用動向

給与明細書作成代行会社のオートマティック・データ・プロセ ッシング(ADP)エンプロイヤー・サービシズが発表した給与名簿 に基づく集計調査によると、12月の米民間部門の雇用者数は前月比 で32万5000人増加した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト の予想中央値は17万8000人の増加だった。

米労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整済 み)は、前週から1万5000件減少して37万2000件。ブルームバ ーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は37万5000 件だった。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト人81の予 想中央値によると、12月の米雇用統計の非農業部門の雇用者は15 万5000人増。失業率は8.7%への上昇が見込まれている。

◎NY金:4日続伸、対イラン軍事行動の可能性を英国が示唆

ニューヨーク金先物相場は続伸。過去10週間では最長の上昇局 面となった。イランが警告通りにホルムズ海峡を封鎖すれば、英国は 軍事行動も辞さないとするハモンド英国防相の発言が影響した。

ハモンド国防相は5日、ワシントンでの講演で、イラン産原油の 輸入禁止に対する報復措置として同国が戦略上重要なホルムズ海峡の 封鎖を試みた場合、それは「違法であり、成功しない」と言明。英国 海軍は海峡封鎖を阻止するための行動に参加すると続けた。金は一時

0.9%高と、2週間ぶりの高値を付ける場面もあった。

T&Kフューチャーズ・アンド・オプションズ(フロリダ州)の マイケル・スミス社長は電話インタビューで、「イランは徐々に大き な懸念要素になりつつあり、今後の展開が心配されている」と指摘。 「こうした不安から金は上昇している」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 2月限は前日比0.5%高の1オンス=1620.10ドルで終了。これで 昨年10月下旬以降で最長となる4営業日続伸となった。

◎NY原油:反落、米国の在庫増加を嫌気-欧州危機も重し

ニューヨーク原油先物相場は3営業日ぶりに下落。米国の在庫 増加が嫌気された。フランスの国債入札で借り入れコストが上昇し、 域内債務危機の封じ込めが難航するとの懸念も原油の売りにつなが った。

米エネルギー省の発表によると、原油在庫は先週221万バレル 増加した。原油は引け際40分前に下げに転じたが、イランに対する 制裁で供給が抑制されるとの懸念も根強く、終値で3日連続バレル当 たり100ドル台を維持した。

シティ・フューチャーズ・パースペクティブ(ニューヨーク)の エネルギーアナリスト、ティム・エバンス氏は、「在庫統計が弱気だ ったことは明白で、米市場には供給が十分あることを示している」と 指摘。「このような統計を受けて下落基調にならないとすれば、市場 がイランのような他の問題に注目しているためだ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物2月限は前日 比1.41ドル(1.37%)安の1バレル=101.81ドルで終了。過 去3カ月間では28%値上がりしている。

◎欧州株:続落、銀行の増資懸念根強い

5日の欧州株式相場は続落。昨年12月の米民間部門雇用者数は 予想以上に増加したものの、債務危機に揺れる欧州の銀行は一段の資 本増強に迫られるとの懸念が根強く、売りが優勢となった。

イタリアの銀行最大手ウニクレディトが19年ぶり安値に下落。 同行は4日、43%の割引価格で割り当て増資を実施すると発表した。 フランス同業のソシエテ・ジェネラルは5.4%の値下がり。法人・ 投資銀行部門の人員削減計画が嫌気された。

ストックス欧州600指数は前日比0.9%安の247.39で終了。 ユーロ圏の債務危機封じ込めに当局が苦戦し、昨年1年間で11%下 げている。

ノルデア・プライベート・バンキングのチーフ株式アドバイザー、 トーベン・ホイヤー氏は「ウニクレディトの資本調達計画が投資家を 不安にし、短期的に銀行業への信頼感を低下させた」と指摘。「他行 も新株を発行するとのうわさが市場で飛び交っており、それが株価を 押し下げている」と付け加えた。

ウニクレディトは17%下げて4.48ユーロと、1992年9月以 来の安値で引けた。同行のフェデリコ・ギッツォーニ最高経営責任者 (CEO)は5日付のイタリア紙ソレ24オレに掲載されたインタビ ューで、割引価格での新株発行は債務危機の悪化が理由だと説明。他 行の追随を予想していると付け加えた。

この日の西欧市場では、デンマークとノルウェーを除く16カ国 で主要株価指数が下落。米国では、給与明細書作成代行会社のオート マティック・データ・プロセッシング(ADP)エンプロイヤー・サ ービシズが12月の民間部門雇用者数を発表。給与名簿に基づく集計 調査によると、前月比で32万5000人増加と、ブルームバーグが まとめたエコノミストの予想中央値(17万8000人の増加)を大き く上回った。

ストックス欧州600指数を構成する19の業種別指数では、銀 行株の下落率がトップで3.2%だった。ソシエテの終値は16.08 ユーロ。同行は法人・投資銀行部門で約1580人を削減する計画で、 この規模は同部門全体の従業員の約1割に当たる。

◎欧州債:ドイツ債は堅調、仏入札で利回り上昇

5日の欧州債市場ではドイツ国債が上昇。フランスがこの日実施 した国債入札で利回りが前回入札を上回ったことが材料視された。ま た、株式相場が下落し、ユーロ圏鉱工業新規受注がアナリスト予想を 下回る伸びとなったことを背景に、債務危機が景気低迷を悪化させて いるとの懸念が強まった。

イタリアとスペインの国債は軟調。欧州の救済基金である欧州金 融安定ファシリティー(EFSF)の3年債起債は、スワップレート に対する利回り上乗せ幅が昨年1月に初めて発行した債券の約7倍に 設定された。ギリシャのパパデモス首相は、国際的な追加支援を得ら れなかった場合、同国が3月にもデフォルト(債務不履行)に陥る 「差し迫ったリスク」があると語った。

オーストリア国債も下落。ハンガリーの1年物国債入札で、発行 額が目標に届かなかったことが手掛かり。

クレディ・スイス・グループ(チューリヒ)の債券ストラテジス ト、ラスムス・ロウジング氏は「欧州で起債が続いており、これが周 辺国債への重しとなっている」と述べ、「国債発行は依然として景気 見通しにとっての重大なリスクだ」と続けた。

ロンドン時間午後4時42分現在、独10年債利回りは前日比6 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.87%。一時 は1.95%まで上げ、先月27日以来の高水準を付けた。同国債(表 面利率2%、2022年1月償還)価格はこの日、0.50上げ

101.18。独2年債利回りは1bp下げ0.17%。

フランス国債入札

仏10年債利回りは4bp上昇し3.36%。仏30年債利回りは 4bp上げ3.98%。先月1日以降で初めて4%を超える場面もあっ た。

仏政府は10年債を40億2000万ユーロ発行。平均落札利回り は3.29%と、前回入札時(12月1日)の3.18%を上回った。 2023年、35年、41年にそれぞれ償還期限を迎える国債も発行し た。

オーストリア10年債利回りは5日連続で上昇し、前日比11b p上げ3.36%となった。独10年債に対する利回り上乗せ幅(スプ レッド)は拡大し、11月28日以来で初めて150bpに達した。

ブルームバーグ端末上のハンガリー公債管理当局の画面によると、 入札結果では利回りが9.96%。先月22日の前回入札時は7.91% だった。発行額は350億フォリントと、目標の450億フォリント に届かなかった。

エボリューション・セキュリティーズ(ロンドン)の債券アナ リスト、エリザベス・アフセス氏は、「オーストリアの対東欧エクス ポージャーは他の中核国を上回っているため、ハンガリーがこの日実 施した国債入札はオーストリア国債の支援要因となるどころか、軟調 の要因となったと考えられる」と説明した。

◎英国債:ほぼ変わらず、10年債利回り2.05%-2年債0.41%

5日の英国債相場は前日からほぼ変わらず。2021年償還債(表 面利率3.75%)の利回りは2.05%、価格は114.85となった。

2年債利回りもほぼ変わらずの0.41%。12月30日には

0.271%まで下げ、過去最低を記録した。

ブルームバーグと欧州証券アナリスト協会連合会(EFFAS) がまとめた指数によると、英国債の年初来のリターン(投資収益率) はマイナス0.5%。これに対しフランス国債はマイナス1.3%とな っている。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212- 617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 楽山 麻理子 Mariko Rakuyama +1-212-617-4903 mrakuyama@bloomberg.net Editor: ニューヨーク 西前 明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net Editor: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE