ハンガリー、IMF融資で早期合意目指す-通貨フォリントは最安値

ハンガリー政府は5日、国際通貨 基金(IMF)の融資条件について協議する用意があり、迅速に合意 に達することを望んでいると表明した。同国の通貨フォリントはこの 日、対ユーロで最安値に下落し、国債入札では調達額が目標に届かな かった。

政府の交渉責任者を務めるタマーシュ・フェッレギ氏(無任所大 臣)はブダペストで記者団に対し、内閣はIMFおよび欧州連合(E U)とスタンドバイ取り決めに関する交渉を開始する準備があると語 った。予防的な融資は、市場情勢によって必要となった場合のみ活用 することを望んでいるとした。

過去4年間で2度目となるハンガリー支援をめぐる交渉は先月、 中央銀行の独立性を脅かすとEUが懸念する法案の撤回をオルバン首 相が拒否したことで中断した。

EUの行政執行機関、欧州委員会のベイリー報道官は5日、「ハ ンガリー中銀は完全に独立しているとの確約が必要だ」と述べ、支援 交渉の再開は中銀法をめぐる対応にかかっているとの認識を示した。

マトルチ国家経済相はドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁に宛て た5日の書簡で、1日に施行された中銀法はEUの規則に「完全に準 拠している」と説明。政府は中銀の独立性を引き続き尊重すると記し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE