アジア株:3日ぶり反落-豪サービス産業指数やユーロ安を嫌気

5日のアジア株式相場は3日ぶり に下落。オーストラリアの昨年12月のサービス産業活動指数が3カ 月連続で50を下回ったことが嫌気された。同日実施の最大80億ユ ーロ(約7940億円)のフランス国債入札を控えたユーロ安も響いた。

売り上げ全体の21%を欧州に依存するソニーが安い。豪サービ ス産業の指数で消費支出の弱さが示されたことで、ウールワースな ど豪小売り株も軟調。銅先物の下落を受け、世界最大の鉱山会社、 豪英系BHPビリトンは1.4%下げた。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後0時45分現在、前日 比0.4%安の115.98。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE